AAEF39B3 0049 4E67 B99B D6625C5F4A4C min最新記事 

ジャスパー国立公園革新への一歩!マリーン・キャニオンへの公共交通拡張計画

パークス・カナダは、ジャスパー国立公園内で最も人気のある観光地の一つ、マリーン・キャニオンへのアクセス改善のため、ジャスパー自治体に公共交通の拡張を求めています。この要求は、マリーン・キャニオンや他の人気スポットでの駐車場の混雑解消を目指すものです。

ジャスパー国立公園のスーパーインテンデント、アラン・フェア氏は、ジャスパー自治体のビル・ギブン最高経営責任者(CAO)宛ての書簡の中で、「今後は個人の車に頼らず、公共交通などの代替手段を増やして、これらの場所へのアクセスを改善したい」と述べました。

夏のシーズンには1日あたり3,000人から5,000人が訪れるとされるマリーン・キャニオンの駐車場は、2023年の夏には平均で94%が埋まり、85%の日には満車となるなど、混雑が問題となっています。

フェア氏は、「マリーン・キャニオンへの公共交通サービス導入は、環境保護と訪問者の満足度向上の両方に貢献する」と指摘しています。また、ジャスパー交通サービスのマリーン・キャニオンへの拡張は、地域に既に存在する交通サービスを補完する価値があると述べました。

自治体が関心を持つ場合、パークス・カナダは具体的な話し合いを行う用意があるとし、その内容にはバス停の位置、サービス間隔、運行月、運行時間などが含まれます。フェア氏は、この拡張に伴う追加費用に対しては、パークス・カナダが財政支援を行うことを理解しているとし、冬季のサービス提供も検討するよう自治体に求めました。

現在、ジャスパー交通は、ジャスパーパークロッジやレイク・アネット、ウィスラーズおよびワピティのキャンプ場、ピラミッドレイクなど、町外のいくつかの地点へのサービスを提供しています。

ジャスパーの町議会は、2月13日の全体委員会でフェア氏の書簡を検討しましたが、この要請に関する最終決定は下されていません。議員のラルフ・メルニク氏は、このサービス拡張が追加のバスを必要とするかどうかを検討する必要があると指摘しました。現在のサービスは連邦政府からの5000万円の助成金を受けて運営されており、追加のバスに関する費用をカバーするための新たな助成金の可能性は低いとの見解を示しました。

「この拡張

サービスを実施する際には、その負担が地元住民の税金に影響を与えないように、管理側が十分に考慮することが重要です」とメルニク氏は強調しました。さらに、この措置が将来的にマーモット盆地やジャスパー・スカイトラムなど他の地点へのサービス拡張の要求につながる可能性があるとし、自治体の限られた資源に追加の影響を与えないように全額のコスト回収を目指す必要があると述べました。

「私たちは現在、財政的に非常に厳しい状況にあります。追加の借入は選択肢ではなく、サービスの拡張を検討する際には、今後5年から6年間にわたる既に厳しい予算に追加の負担をかけないようにする必要があります」とメルニク氏は付け加えました。

委員会は、この件を情報として受け取り、将来の会合で報告するよう管理部門に委ねました。

Related posts