0330 stoney resort最新記事 

ストーニー・ナコダ・リゾート&カジノ周辺にショッピングモールと住宅?開発可能性調査中

概要: ストーニー・ナコダ・ランド・マネジメント社は、240エーカーの商業開発用地に関する計画を進めており、近々初期の結果が出る見込みです。このプロジェクトは、イヤルヘ・ナコダ・ファーストネーションによって長期間商業開発用地として指定されていました。

プロジェクトの焦点:

  • スタッフ用住宅、一戸建て住宅、シニア住宅などの住宅提供
  • ボウバレーを通じた地域公共交通機関との連携
  • 将来的なアメニティーとしては、小売店、レストラン、エンターテイメント施設、RVパーク、文化センターなど

プロジェクトの目的:

  • ファーストネーション(グッドストーニー、チニキ、ベアスポー)に持続可能な収入源を提供
  • 観光、持続可能性、エコツーリズムを考慮した開発
  • 労働者住宅と市場賃貸住宅のニーズに焦点を当てる

地域の課題:

  • カンモアはアルバータ州で最も生活費の高い場所
  • 住宅危機に直面しているバンフ町
  • イヤルヘ・ナコダ・ファーストネーションでは、住宅開発が需要に追いついていない

交通と住宅:

  • 公共交通ハブ、パーク&ライド施設、旅客鉄道の設置を検討
  • 地域の接続性を考慮した取り組み(コクランからカンモア、カナナスキスまで)

今後の計画:

  • パブリックトランジットの機能に関する調査が計画されている
  • ボウバレーの住民、訪問者、労働者のアクセシビリティ向上と車両渋滞、炭素排出量削減に向けた取り組み

コンサルタントの役割:

  • プロジェクトの経済分析と研究の提供
  • ファーストネーションに情報提供し、情報に基づいた決定をサポート

ステークホルダーとの関与:

  • カンモア町、コクラン町などの地域自治体との対話
  • ビッグホーン自治体との1月の会合計画

このプロジェクトは、地域全体の接続性を高め、住宅と交通の両方のニーズに応えることを目指しています。

Related posts