スクリーンショット 2023 09 17 午後12.05.58最新記事 

ノバスコシアの海岸部が波の花でまるで雪が降ったように

予想通り、ハリケーン・リーは東カナダに襲来した際、停電と危険な状況を引き起こしました。しかし、このハリケーンは非常に珍しい光景ももたらしました。

ノバスコシア州のローレンスタウンビーチにおいて、海の泡が土曜日の午後に道路の脇に積み重なり、強風がその泡を空中に巻き上げ、9月に冬の嵐のように見える光景となりました。

地元の人々はビーチに押し寄せ、この現象の動画を撮影しました。一部の地域では、泡の厚みが数フィートに達しました。米国の国立海洋サービス(NOS)によれば、海の中の「溶解した有機物がかき混ぜられる」ときに形成されます。

ウェブサイトには、「海の泡は、風と波によって海がかき混ぜられると、はるかに壮大なスケールでこのように形成されます。各沿岸地域には、海の泡の形成を規制する異なる条件があります。」と説明されています。

この地域の住民はソーシャルメディアで動画を共有しました。

NOSによれば、ほとんどの海の泡は人間に対して有害ではなく、実際には「生産的な海洋生態系の兆候」であることが多いとされています。それが有害になるのは、藻類の爆発が海岸近くで腐敗するときだけです。

Related posts