スクリーンショット 2022 06 14 午後5.17.12最新記事 

バンフとカルガリー間の鉄道、2028年運行目標!


2023年、カルガリーとバンフを結ぶ革新的な鉄道プロジェクトが大きな進展を遂げました。この計画では、カルガリー空港からカルガリー市内中心部、さらには自然豊かなバンフまでを高速鉄道で結びます。アルバータ州政府の支援のもと、このプロジェクトは設計段階を完了し、建設に向けて着実に進んでいます。

最近の世論調査によると、アルバータ州民の76%、カルガリー市民の85%がこの鉄道計画を支持しています。都市部と自然保護区を結ぶこの鉄道は、効率的な交通手段としてのみならず、持続可能な発展にも寄与します。35以上のビジネス組織がこの取り組みに賛同しており、地域経済にとって重要な役割を果たすと期待されています。

このプロジェクトは、官民パートナーシップの下で経済的に実行可能であり、2028年の運行開始を目指しています。CPKC Rail(旧CP Rail)との合意により、費用対効果の高い解決策が保証されており、既存の鉄道線路を活用しています。

乗客の80%が低料金の公共交通機関サービスを利用しながら、観光客にはプレミアムなサービスを提供することで、公共交通機関の費用を補助し、納税者の負担を最小限に抑えることが可能です。経済効果により、州のコストを相殺する十分な税収が見込まれています。

ただし、この計画の成功の鍵は、カルガリー市内中心部とイングルウッド地区間の交通のボトルネックを解消することにあります。これには、CPKC鉄道との商業的および技術的な合意が必要です。

この鉄道計画の財務戦略と商業戦略は、アルバータ州政府に非請願で提案され、カナダインフラ銀行を通じた低コスト融資の可能性も含まれています。インフレに直面しても、提案者らはプロジェクトの進行を維持し、必要な研究を進めています。

この鉄道は、カルガリーのダウンタウン活性化に不可欠であり、提案されている水素列車技術は、交通渋滞とCO2排出量を削減すると同時に、山岳地帯へのアクセスを改善します。現在、この先進的な交通ソリューションを採用するか、将来的により高コストな代替案を探るかの重要な選択に直面しています。

Related posts