GT 20151125 RMO0801 311259950 AR最新記事 

バンフの隣町キャンモアにうさぎ発生!

アルバータ州キャンモアの地域紙「Rocky Mountain Outlook」によると、数十年ぶりに野生のウサギが市内で目撃されているとのことです。

このニュースは、キャンモアが「バニータウン(うさぎの町)」として知られる以前の時代にさかのぼります。当時、野生のウサギが町のあらゆるところにいたため、観光客や地元民からも人気を博していました。しかし、1970年代に病気の蔓延や繁殖制御の問題が発生したため、野生のウサギは減少し、最終的には姿を消しました。

最近、地元の住民や観光客が再び野生のウサギを目撃し、その数が増えていると報告しています。一部の住民は、野生のウサギが家庭菜園や花壇を荒らすことに懸念を表明していますが、多くの人々は、野生のウサギの再興を喜んでいます。

地元の獣医師であるダグ・ハーウッド氏によると、野生のウサギが再び現れた理由は不明ですが、彼らが再び繁殖することで、病気の発生や過剰増殖を引き起こす可能性があります。そのため、市当局は、野生のウサギを保護するために、地域の住民に注意喚起を行っています。

野生のウサギが再び姿を現したことで、キャンモアの歴史と文化が再び注目を浴びることになりました。また、野生動物との共存について再び話題が持ち上がり、地元の住民や観光客が野生のウサギを見つけるたびに、喜びや興奮が広がっています。

Related posts