Collage Maker 24 Apr 2023 09 49 AM 561最新記事 

バンフ市内のフルーツが実る木を除去命令

このアルバータ州の町では、地元のクマの個体群を保護し、危険な野生動物との遭遇を防ぐために、住民に果樹を取り除くように指示しています。

これは、”大きな成熟したグリズリーベア”がバンフに入り込み、住宅の庭でクラブアップルを食べていることが明らかになった後に行われました。

Parks Canadaのスタッフがくまを追い払うための取り組みがうまくいかなかったため、地元の一財産所有者から許可を得て、落ちている果物を取り除き、木を切り倒すことを許可されました。

町の北のホテル近くで別のクマがベリーを食べているのが目撃されました。

最近の条例の変更により、役所は果物を餌にクマを引き寄せることが証明された木を取り除く権限を持つようになりました。

先月、市とParks Canadaのスタッフによる住宅の一斉訪問中、5人の家主が今週中に果物の木を取り除くことに同意しました。

バンフ市の環境マネージャーであるMichael Hayは、「私たちはすべてのバンフの住民に、地元のクマの個体群を保護し、果物の木による潜在的に危険な野生生物との遭遇を防ぐために果物の木を取り除くよう奨励しています。」と述べました。

Hay氏はまた、「Bear 148の悲劇的な喪失を覚えているバンフの誰もが、街中にリンゴの木を育てるなどの簡単に避けられる人間の活動による、別のクマの移送や安楽死を見たくありません。私たちは、私有地にある果物の木を取り除き、果物をつけない木と交換するための全費用を支払うプログラムを持っており、人々が責任ある選択をするのを支援できます。」と語りました。

Bear 148は、バンフ周辺で頻繁に人々の近くで見られることがあるグリズリーで、2017年にバンフの500キロメートル北の地域に移送されましたが、その後すぐにハンターによって射殺されました。

この無料プログラムに興味を持つ不動産所有者は、市の環境チームにメールで問い合わせるよう求められています。

Related posts