p1020557最新記事 

バンフ町、観光シーズンの駐車予約システムを検討

バンフの町が、夏の最盛期の過密状態と渋滞を緩和するために、観光地内の駐車予約システムの導入を検討しています。議会は、この新しい取り組みの実現可能性を調査し、2024年末の年次サービスレビューで結果を報告することを4対2の投票で決定しました。

議員のテッド・クリステンセン氏は、渋滞が訪問者の体験に悪影響を与え、住民にも負担をかけていると指摘。彼は「町内の車両規制のためには異なるシステムが必要だ」と述べ、大胆な対策を求めています。

駐車予約システムは、オンタリオ州のブルース半島国立公園など、世界中の他の地域で既に導入されています。このシステムは、旅行者が事前に計画を立てることを可能にし、駐車場が満車になった場合には、他のアクセス方法を制限します。

この検討は、バンフのダウンタウン歩行者専用ゾーンの未来に関する議論の中で多くの住民から要望されたものです。彼らは、住民やホテル予約を持つ訪問者を除いて、町内で許可される私用車の数に何らかの割り当てを求めていました。

市長のコリー・ディマノ氏と議員のグラント・キャニング氏は、現時点でこの包括的な駐車予約システムの調査に反対しています。一方、他の議員たちは、より多くの情報を得ることに賛成の意を示しています。

「創造的なアイデアの時期だ」と議員のケイリー・ラム氏は述べ、この動きを支持しました。

ディマノ市長は、バンフはパークス・カナダによって定められた訪問者向けのサービスセンターであることを強調し、バンフの町はトランスカナダハイウェイからすぐの場所にあり、必要なサービスを提供し続ける必要があると述べました。

12月13日のバンフのサービスレビューでは、行政は交通と駐車管理の成功と課題について概要を説明し、バンフの道路システムが容量を超えていること、そして町内全体で個人車両からのさらなるシフトが必要であることを指摘しました。

エイドリアン・フィールド、バンフ町のエンジニアリング部長によると、夏のピーク時には、マウンテン・アベニューを上る車の約47%が、駐車場が満車のため引き返されています。

「持続可能なモード – トランジット、歩行、自転車など – が現在、ボウ川横断の全体の38%を占めており、そのため橋の車両数は17%減少しています」とフィールド氏は述べました。「渋滞が改善されたように見えるのは、そのためです」。

Related posts