20230630 banff downtown pedestrian zone jh 0003 1最新記事 

バンフ町の2024年度、約730万ドルのビジネスライセンス料が、バンフ・アンド・レイクルイーズ・ツーリズム(TDO)に観光マーケティング費用として渡される

地元のサービス業界で働く一人の労働者が、生計を立てるのに苦労しながら、バンフ町が何十年もの間観光局にビジネスライセンス料を振り向けている慣習を見直すよう求める請願を主導しています。

現在、バンフ町の2024年度予算案には、約730万ドルのビジネスライセンス料が、既存の契約に基づいてバンフ・アンド・レイクルイーズ・ツーリズム(BLLT)に観光マーケティング費用として渡されることが盛り込まれています。

デビッド・サンテール氏は、観光促進が町の経済にとって重要であるとしつつ、この配分方法を見直し、住民が直面する手頃な価格の問題を軽減するためにこれらの資金を使用することを検討する必要性が急務だと考えています。

「多くの住民と同様に、私も我々の美しい町で生活する財政的負担を正当化することがますます難しくなっています」と彼は1月10日の予算審議初日に議会に提出した手紙で述べています。

「高いコストは、住宅価格や日々の出費など、観光需要によってインフレーションが起きている要因によって引き起こされています」と彼は付け加えています。

「バンフの住民として、これらの資金をより適切に分配し、地元の人々を支援する方法について、コミュニティとして議論する時です」

バンフ町は1990年以来ビジネスライセンス条例を設けており、1991年からビジネスライセンスとディスティネーション・マーケティング・オーガナイゼーションであるBLLTと関連を持っています。

この主な仕組みは条例のスケジュールBを通じており、これは観光産業セクターのさまざまな料金表で、バンフ町を通してBLLTに目的地マーケティング目的で流れます。

この配分方法の変更に関する問題は数年ごとに提起されており、過去数十年にわたり何人かの議員が町が資金を保持するためのプロセスを変更しようと試みてきましたが、成功していません。

現在の予算案では、2025年にBLLTに740万ドル、2026年に755万ドルを割り当てています。

コリー・ディマンノ市長は、現在のBLLTとの契約は2017年1月1日に署名され、2023年1月1日に6年間延長されたことを明らかにしました。これは、契約が2029年1月1日まで有効であることを意味します。

「実質的に、この条例およびこの契約に基づいて、集められた料金を他の用途に振り向ける権限はありません」と彼女は述べています。

市長は、バンフを住民にとって手頃な価格の場所にすることが議会の最優先事項であると述べています。

「我々は、住宅政策の変更からより多くの住宅を促進することまで、大きくも小さくも手頃な価格対策を続けています」とディマンノ氏は述べています。

現時点で、change.orgで見つかる請願書には42人が署名しています。

Related posts