01040099 scaled 1最新記事 

バンフ町議会、商業化に関する懸念を抱えつつ歩行者天国を承認

バンフ町議会が、パークス・カナダの障害を乗り越え、この夏から恒久的な歩行者専用エリアを設立することに投票しました。

この専用スペースは、5月の長い週末から感謝祭の週末まで、毎年同じ期間にバンフアベニューに設けられる予定です。

バンフ議会は、今年中に歩行者専用エリア内にパティオを設置する意向も示していますが、国立公園の町の全ての土地利用と計画決定に権限を持つパークス・カナダは、そのスペースの商業化に関して懸念を表明しています。

この懸念が、議会での投票を遅らせました。スーパーテンデントのサルマン・ラシード氏が、最終決定が下される前に会議を開くことを求める手紙を町議会に送ったことが原因です。

1月10日の会議の数時間前に送られたその手紙では、公共スペースの継続的な商業利用(例えば、レストランのパティオ)は、バンフを保護するために設けられた法律に反すると記されていました。

バンフ町は、パークス・カナダが規制するエリアです。

「パークス・カナダの主な懸念は、商業用レストランの公共の歩道や道路への拡大提案であり、国立公園内のすべての商業利用を禁止することを提案しているわけではありません」とその機関は声明で述べています。

「はっきりさせておきたいのは、パークス・カナダは、バンフアベニュー歩行者専用エリアの提案や、バンフ町内、バンフ国立公園内、カナダ全国の公園や施設内での歩行者に優しい取り組みを支持しています」。

さらに、このゾーンの設立を遅らせる提案も却下されました。予算上の懸念を引用した議員のヒュー・ペティグリュー氏が、ゾーンを設立する最初の動議に対し、2025年に1年遅らせるという修正案を提出しました。

Related posts