スクリーンショット 2024 01 30 午後9.02.48最新記事 

プラスチック削減の挑戦:カルガリー市が直面する一回使い捨てアイテム条例の論争

カルガリー市議会は、1月16日に施行された一回使い捨てアイテム条例について、再議論を行うことを決定しました。この条例は、連邦政府が2030年までにプラスチック廃棄物をゼロにするという目標の一環として、一部の一回使い捨てプラスチック製品の禁止を発表したことを受けて、2022年6月に設置されました。

しかし、この条例は物議を醸しており、市議会の多くの議員によると、市民からの大規模な反発も引き起こしています。特に、2023年11月に連邦裁判所が、すべてのプラスチック製品をカナダ環境保護法下で「有害物質」として指定する連邦政府の大臣命令を覆したことで、混乱が生じました。

市は自身のウェブサイト上で、市の政策と連邦政府の政策を比較するリストを発行し、後にソーシャルメディア上で12部構成のスレッドを投稿して市民の懸念を解消しようと試みましたが、多くの疑問が残りました。

火曜日の市議会では、この政策を再議論する動議が僅差で支持され、今後数ヶ月にわたって公聴会と情報キャンペーンが行われることになりました。しかし、その公聴会が開催されるまでは、条例は依然として効力を持っています。

議員の間では、条例の修正案や全面的な廃止に向けた試みが提案されました。「廃棄物意識を持つことをカルガリー市民に選択させ、それに対して課金することは、今日の私たちの環境では適切ではありません」と、第一区の議員ソニャ・シャープ氏は条例廃止を支持しました。

条例を廃止する動議は、第二区の議員ジェニファー・ワイネス氏によって提出され、彼女はソーシャルメディアプラットフォーム上でその動議を共有しました。この動議は8対7で可決されましたが、反対票を投じた一部の人々は、政策を廃棄することの冗長性や明確さの欠如について懸念を表明しました。

「私たちが一般的に話していることは、マクドナルドのドライブスルーに関するものです」と、第八区の議員コートニー・ウォルコット氏は述べました。公聴会が開催されるまで、条例はそのまま施行されます。

Related posts