スクリーンショット 2023 10 19 午後10.17.03最新記事 

マリファナが解禁になって5年。カナダの大麻解禁がその後社会に与えた影響は?

カナダの大麻合法化から5年が経ちました。この期間中、大麻使用に関連する否定的な健康の影響は増加または安定しています。しかし、犯罪的な逮捕件数や一般的な偏見には大幅な減少があり、これは社会的正義と間接的な公衆衛生の成果と見なすことができます。これは、今月に発表されたカナディアンメディカルアソシエーションジャーナルの分析によるもので、主要な健康および社会的成果の継続的な測定を求めています。

カナダは大麻を合法化した最初のG-20国であり(私たちの前にはウルグアイだけが連邦レベルで合法化しました)、それ以来、カナディアンは国中のディスペンサリーまたはオンラインで乾燥花を購入できるようになりました。食用大麻は2018年に許可されました。

大麻の普及率と入院患者数の増加 合法化以降、大麻使用の普及率はわずかに増加し、2017年の22%から2022年には27%に上昇しました。しかし、ほぼ毎日の使用率は安定しています。

また、大麻関連の障害や中毒の緊急部門への来院数も著しく増加しています。ある研究では、オンタリオ州とアルバータ州で合法化後に20%の増加が見られました。別のオンタリオ州の研究では、合法化と2021年5月までの間の増加率を12%から22%と評価しました。

「この段階では、カナダにおける大麻合法化は、その一部の反対者によって予想された公衆衛生上の災害ではないようですが、一方で公衆衛生にとって包括的または明確な成功とも言えません」と著者は述べています。

また、2020年初頭に発生したCOVID-19パンデミックが、広範囲な物質使用の傾向に影響を与えた可能性があり、これらのトレンドを調査する際の交絡変数となっている可能性も指摘されています。

同時に、大麻関連の逮捕と告発の減少も、それに関連するストレスが人々の生活に否定的な影響を与え、多くの場合、恣意的または差別的な執行慣行の結果であったため、肯定的な健康成果と見なすことができます。

犯罪記録を持つことは、就業、旅行、その他の機会を制限し、そのリスクを排除することは社会的な利益をもたらし、著者は健康の成果を考える際に無視できないと主張しています。

Related posts