20220808 squirrelstreet最新記事 

ヤバいレンタルオーナーに罰金。一軒家に25人キッチン一つ、トイレ2つ。もっとヤバい内容が明らかに。。


バンフの住宅所有者は、2022年にアルバータ保健サービスが人々が過密で不健康な状態で生活していることを発見した後、その家を閉鎖した問題で、キャンモアの州裁判所で1,750ドルの罰金を科されました。

バンフ町は、開発許可のない部屋を持っていることで、321 Squirrel St.の家の所有者を市の土地利用規則に違反したとして、訴えました。

家の住人であるゲイル・モーガンは、裁判所で2023年9月28日に有罪を認め、裁判所に提出された事実陳述書によれば、1,750ドルの罰金を科されました。不動産の登録所有者であるジャンナ・ジョイ・ゴフに対する告訴は取り下げられました。

バンフ町の計画サービス担当マネージャー、デイブ・マイケルズは、この問題の解決に満足しています。「バンフでは新しい住宅スペースが必要ですが、住民の安全と福祉を犠牲にすることはできません」と彼は述べました。「このケースでは、住宅物件の開発許可が取得されなかったため、住居の条件と要件に対する監視が行えませんでした。この問題が解決し、町がコミュニティに安全で手頃な住宅を提供する方法に焦点を当て続けることができてうれしいです」。

バンフ町は、違法な住居使用に対する停止命令を2022年8月22日に発行しました。これは、このSquirrel Streetの物件の16人の宿泊制限を超えたためで、これは2022年8月4日にアルバータ保健サービス(AHS)の執行命令に続きました。

AHSの環境公衆衛生報告書によれば、2022年7月28日の検査は、咳や鼻水、痰などの病気、25人のテナントが居住している過密な状況、窓のない寝室、汚れたキッチン、ハエと破れた昆虫スクリーン、25人が共有するキッチン、12人が共有するバスルーム、屋外レンタルテントなど、一連の苦情に基づいて家を検査しました。検査では、合計で42台のベッドまたはマットレスが数えられ、そのうち35台が検査時に使用されているようでした。

この家の最大収容人数は、利用可能な2つのキッチンに基づいて16人です。したがって、8人しかキッチンを共有できません。

市の停止命令は、ゴフとモーガンに対して、未承認の部屋での居住を即座に永久に停止し、停止命令から45日以内に物件を承認済みの建築レイアウトに戻すように指示しました。

バンフ町によれば、このSquirrel Streetの家は未承認の寝室を運営した経歴があり、2017年には停止命令が発令されましたが、所有者がその命令に従った後、2018年に取り消されました。

その後、2020年4月に、COVID-19パンデミック中の隔離と社会的距離の要件をサポートするために、所有者は11室を16人の宿泊施設として使用できるかどうか尋ねました。

バンフ町の開発部門は数日以内に対応し、承認された7つの寝室を超える余分な寝室は、有効な開発許可なしには使用できないことを明示しました。

バンフ町によれば、市のコンプライアンスオフィサーとAHSによる別々の機会での検査 – 2019年11月と2020年3月 – は、以前の執行措置にもかかわらず、未承認の寝室が物件で使用されていることを示唆していました。

町は所有者に対し、適切な許可なしに未承認の寝室を使用することは「物件に対する執行措置の結果となる可能性がある」と念を押しました。

所有者は市の停止命令に対してバンフの開発審査委員会に控訴しました。2022年12月に、控訴審は開発担当者の決定を支持し、しかし、所有者に家を整合させるために2023年5月まで執行命令を停止しました。

町によれば、所有者は未承認の開発を撤去するための建設許可を取得しました。

それ以来、追加の住宅や寝室に関する開発許可申請はありませんでした。

Related posts