emerald lake 1最新記事 

ヨーホー国立公園でのドラマ:崖に立ち往生したスキーヤーの救出劇

エメラルド湖の北西岸にある高さ2,701メートルのエメラルド峰で、月曜日(1月22日)午後4時頃、ゴールデン・フィールドのカナダ王立騎馬警察(RCMP)は、SPOTデバイスから緊急活動の警報を受け取りました。カナダ公園の山岳安全専門家が呼び出されましたが、ゴールデン・フィールドRCMPのメディア関係官、ロビンソン・カット氏によると、濃霧のためヘリコプターによる救助試みは中止されました。代わりに救助隊は陸路で進入しました。

ロビンソン氏によると、「崖に立ち往生し、進むことができなくなった25歳の男性2人のバックカントリースキーヤーを発見しました。その夜、チームは1人のスキーヤーを救出し、捜索救助隊のメンバーの一部は、2人目のスキーヤーと一緒に山でキャンプを張り、一夜を過ごしました」とのことです。2人目のスキーヤーは翌朝ヘリコプターによって運び出されました。

「幸いにも、けが人はいませんでした」とロビンソン氏は述べ、2人は山岳スキーに適切に備えていたことを指摘しました。アウトドア愛好家は、バックカントリーに出かける際には十分な準備をするよう注意されています。

また、ゴールデン・フィールドRCMPからの別のニュースでは、BC州ドナルドのフリゲート山近くのバックカントリーで、日曜日(1月21日)午後5時頃、Zoleoデバイスから緊急SOSデバイスが作動し、スノーモービルでの死亡事故が発生しました。

ロビンソン氏によると、スノーモービルで遊んだ後、ホープクリークのスノーモービルステージングエリアに戻っていた6人のスノーモービラーのうちの1人が、急な斜面を下り、木に衝突しました。

「残念ながら、24歳の男性は衝突時に死亡しました」と彼女は述べました。彼の友人たちは助けを求め、ゴールデン・フィールドRCMPはゴールデン地区の捜索救助チームを動員しました。その地域が非常に遠隔地であったため、チームが陸路で到着するまで数時間かかりました。男性の遺体は約午前1時にBC検死官サービスに移送されました。RCMPとBC検死官サービスが捜査を行い、現在はBC検死官サービスが捜査を引き継いでいます。

「このグループはバックカントリー冒険に非常によく準備されており、適切な装備を揃え、経験豊富なライダーでしたが、これらの措置が講じられていても、時には問題が発生することがあります」とロビンソン氏は述べました。「同じ夜にこの遠隔地にアクセスし、若い男性の家族にいくらかの決着をもたらすことができた、熟練した捜索救助チームを持っていることは幸運です。」

Related posts