screen shot 2023 04 23 at 122943 pm最新記事 

レイクルイーズスキー場の滑走禁止地区で雪崩でスキーヤーが死亡

4月22日土曜日、バンフ国立公園内のレイクルイーズで、21歳のレッドディア出身の男性が雪崩で亡くなりました。

警察によると、レイクルイーズ・スキーリゾートの閉鎖エリアで、3人がこの致命的な事件に巻き込まれました。

「1人の男性が、残念ながら死亡しました」とRCMPのトロイ・サヴィンコフ巡査は述べています。「他の2人の男性(ラコムブ出身の21歳の男性と、ロッキー・マウンテン・ハウス出身の19歳の男性)は、軽傷を負ったか、ほとんど負傷していないと思われます。」

Avalanche Canadaによると、バンフ国立公園は「危険な雪崩の条件」にあるとのことです。

レイクルイーズのウェストボウルエリアで発生した土曜日の致命的な「サイズ3の雪崩」は、スキーヤーによって誘発されたものだったと、Avalanche Canadaはオンライン声明で述べています。

声明によると、「レイクルイーズ・スキーリゾートの閉鎖エリアでスキーヤーによって雪崩が発生しました。2人が巻き込まれ、1人は部分的に埋まり生還しましたが、1人は完全に埋没し生還できませんでした。雪崩の幅は200メートル、長さは550メートルで、クラウン深さは40〜50センチでした。」

レイクルイーズ・スキーリゾートは声明で、被害者は全員が雪崩安全装備を身に着けていなかったと追加し、哀悼の意を表明しました。

「被害者のご家族や友人に心から哀悼の意を表明いたします」と声明には記されています。「閉鎖されたエリアに入る危険性について、重大な警告となる出来事です。一般的な雪崩安全と意識については、www.avalanche.caを参照してください。」

この年は、過去20年間で最悪の雪崩死亡事故の1つであり、14人が雪崩で亡くなりました。そのうち13人がブリティッシュコロンビア州で亡くなっています。

Related posts