20230926 roam celebrates 2 million mt 0007最新記事 

乗れない!?過去最高の乗客数を記録したRoamトランジット、夏の混雑対策に乗り出す


この夏、公共交通機関を利用される方々に、一部の人気バスルートの変更が予定されております。これは、バスが満員で乗車できない状況を軽減するための措置です。

Roamトランジットでは、2023年に過去最高の利用者数を記録した一方で、夏季には多くのバスが満員となり、乗客が乗車できない「過負荷」が1,300回以上発生しました。これを受け、同社では乗車容量とバスの運行頻度を改善するための検討を行っております。

同社のCEO、マーティン・ビーン氏によれば、2024年に新しいバスの導入は予定されておらず、次の新車投入は2025年となっております。このため、供給チェーンの問題も含め、現在のバスでどのようにサービスを向上させるかが課題となっています。

ビーン氏は、乗客への情報提供やバス停でのサポートを強化し、乗車前には予約をして15分前に到着すること、バスが混雑する時間帯とそうでない時間帯を知ることが重要であると強調しています。

特に、サルファーマウンテンへのルート1やトンネルマウンテンキャンプ場へのルート2、レイクルイーズへのルート8xなど、特定の路線で過負荷が顕著でした。

Related posts