banff town hall 1最新記事 

住宅不足解消へ前進!バンフ町議会、革新的住宅政策を決定

バンフ町議会は、住宅政策の更新を決定し、開発者による住宅建設を促進するための新たな措置を導入しました。これまで存在した第三者による住宅クレジット制度を廃止し、開発者が直接住宅を建設することを義務付けることで、より迅速に必要な住宅を提供することを目指しています。

ディマンノ市長は、従来のクレジット制度が住宅建設の促進に効果的ではなかったと指摘し、この政策変更を支持する意向を示しました。新政策は、事業や施設の開発に伴って生じる住宅ニーズに直接対応し、早期の住宅提供を促すものです。

また、この政策改定には、住宅建設要件を満たすための「現金代替支払い」の条件も見直され、25,000ドルを超える支払いについてのみ、開発契約を結ぶことができるようになりました。これにより、行政の効率化を図ります。

町議会は、住宅不足問題に対処するための一連の次のステップとして、現金代替支払いの率の見直しや、事業ライセンス条例を用いた年間ベースでの住宅負担金徴収の検討を予定しています。これらの措置は、バンフ町における推定される750から1,000の住宅不足に対応するためのものです。

ディマンノ市長は、住宅政策がこれまで町にとって有益であったとしながらも、これらの変更がより早期に住宅を建設するための根本的な転換を目指していると強調しました。また、市長は住民に対し、これから開催される公開情報セッションに積極的に参加し、住宅危機への対応についての議論に参加するよう呼びかけています。

2 / 2

Related posts