20231208151248 657381e947bbb6dbf05f4070jpeg最新記事 

住宅危機が若者の夢を奪う? カナダにおける平等への新たな挑戦

カナダの三分の一の人々は権利と自由の憲章を読んだと言っていますが、多くの人々がそのテキストとアメリカ合衆国の独立宣言のテキストを区別することができないことが新しい調査で示唆されています。

カナダの三分の一の人々が権利と自由の憲章を読んだと言っていますが、多くの人々がそのテキストとアメリカ合衆国の独立宣言のテキストを区別することができないことが新しい調査で示唆されています。

カナダ人は憲章の最初の行に同意するかどうかについても意見が分かれています。この最初の行は文書の残りの部分のトーンを設定します。

「彼らは実際よりもよく知っていると感じています」と、この調査をメトロポリス研究所と共に委託したカナダ研究協会のジャック・ジェドワブ会長は述べています。

「もっと憲章教育、あるいは憲章リテラシーが必要です」と彼は付け加えました。

この結果は、2023年9月にレジェ調査会社によって実施された1,502人のカナダ人を対象としたウェブ調査に基づいています。オンライン調査は真にランダムなサンプルとは見なされないため、誤差の範囲を割り当てることはできません。

ジェドワブの協会は、1948年12月10日に国連が世界人権宣言を採択してから75周年を迎えるのに合わせて、調査結果を発表しました。

調査では、回答者に1982年に署名されたカナダの権利と自由の憲章を読んだかどうかを尋ね、33パーセントが読んだと答えました。

これは、読んでいないと答えた参加者の62パーセントと、知らないか答えたくないと答えた残りの5パーセントと比較されます。

憲章の導入部の文を反映したイエスかノーの質問 – 「カナダは、神の至上性と法の支配を認識する原則に基づいて建国されています」 – に対して、38パーセントの回答者が同意したと答え、37パーセントは同意しないと答えました。四分の一は知らないか答えたくないと答えました。

ジェドワブは、実際に文書を読んだと言った人々に結果を絞ると、より顕著だと言います。

それを読んだと答えた人々の中で、その開始行に同意する可能性が高かったが、それでも47パーセントに過ぎませんでした。

文書を読んでいないと答えた人々の中で、約三分の二はそれに同意しないか、知らないか答えたくないと答えました。

ジェドワブは、この分裂は、カナダ社会が世俗的であると見なしているため、神への言及に対する回答者の感情に起因すると示唆しています。

また、多くのカナダ人は、憲章と米国独立宣言で概説されている権利の違いを理解していないことが調査で示唆されています。

カナダに住むすべての人には生命、自由、幸福の追求の権利があるかどうかを尋ねられたとき、88パーセントの回答者が「はい」と答え、9パーセントだけが「いいえ」と答え、3パーセントが回答を拒否しました。

カナダの文書では「幸福の追求」に言及しておらず、「人としての生命、自由、安全を奪われない権利、および基本的正義の原則に従ってのみそれを奪われる権利」に言及しています。

「私たちは自分たちの憲章を十分によく知らない」とジェドワブは言います。「たとえ私たちがそれを知っていると主張しても」

調査はまた、カナダ人の連邦政府が権利を制限することができるかどうかに関する知識をテストしました。

憲章では、それが非常に制限されている条項の下で可能です。オンタリオ州、ケベック州、サスカチュワン州の州政府は、最近の年にこの条項を予防的に使用することで議論を巻き起こしています。

憲章を読んだと言う人々の中で、カナダ政府が彼らの権利を制限することができるかどうか尋ねられたとき、回答者の約65パーセントが「はい」と答え、24パーセントが「いいえ」と答えました。

その文書を読んでいないと答えた人々の半分以上が政府が彼らの権利を制限することに同意し、約三分の一ができないと答えました。

カナダ人が最も重要だと考える権利について、ジェドワブは、調査結果は回答者が集団的少数派の権利よりも個人の権利を優先することを示していると述べています。

例えば、憲章のどの権利が最も保護される必要があるかを順番に選ぶように求められたとき、回答者の17パーセントがまず表現の自由を選び、次にプライバシーの権利、そして14パーセントと13パーセントで性別平等を選びました。

集会の自由と宗教の自由は、それぞれの参加者の5パーセントによって最初に選ばれましたが、回答者の3パーセントが少数言語権を最優先事項として選びました。

「ジェドワブ氏は、『脆弱な少数派の権利は、尺度上で高くランク付けされていない』と述べました。」

「同じグループのためにレジェが実施した別の調査では、カナダ人に、すべての人が成功する平等なチャンスで生まれるかどうかを尋ねました。」

「ジェドワブ氏によると、この信念に関しては大きな世代間のギャップがあることを示唆しています。」

「35歳から44歳の回答者の約51パーセントが、カナダで誰もが成功する平等な機会で生まれるという質問に『はい』と答えました。これは55歳以上の人々の間で60パーセント以上に跳ね上がります。」

「しかし、18歳から34歳の回答者のうち、わずか32パーセントがその声明に同意しました。」

「ジェドワブ氏は、このギャップは、住宅の手頃な価格を含む、若い世代が直面している経済的な課題を反映していると考えています。」

「『現在、35歳未満の若い世代にとって、家を所有するか、購入することは非常に困難です。』

Related posts