スクリーンショット 2024 02 28 午後7.41.14最新記事 

富裕層と中流層の格差拡大!カナダ家計のリアルな現状とは?

カナダにおける家計の負債がG7諸国中で最も高いことは周知の事実であり、新たにカナダ統計局から発表されたデータによれば、この問題は従来考えられていたよりもさらに複雑な構造をしていることが明らかになった。

昨年5月、カナダ住宅金融公社(CMHC)は、G7国内でカナダの家計債務が最も高いと報告。CMHCの副チーフエコノミスト、アレド・アブ・イオワース氏によると、他国と比較してカナダの家計債務は「止まることなく」増加している。2008年の不況時には経済規模の約80%だったが、2010年には95%へと上昇し、2021年にはその規模を超えたという。

カナダ統計局が最近発表した報告書によると、カナダの家計はG7諸国中で2番目に裕福であるが、経済成長の主要な源泉としての消費者支出の依存が「より大きな負債負担に寄与している」とされる。

c g02 eng 1
富裕層と中流層の格差拡大!カナダ家計のリアルな現状とは?

専門家は、住宅がこの状況における「二重の刃」となっており、中流家庭の富の創造には欠かせないものの、負債と資産の不均衡を引き起こしていると指摘している。簡潔に言えば、富裕層はさらに富を増やし、他の人々は生活費の上昇に耐えるため、収入以上に支出している。

この報告は2021年のデータに基づいており、その年カナダの消費者物価指数(CPI)は年間平均で3.4%上昇し、「1991年以来の最速のペース」とカナダ統計局は述べている。

c g03 eng
富裕層と中流層の格差拡大!カナダ家計のリアルな現状とは?

カナダ統計局によると、パンデミック以外の期間では、家計の支出が2015年以降、経済成長の主要な貢献者となっており、2021年には住宅投資によって支えられた。対照的に、過去10年間での企業投資はそれに比べて少ない。

国の可処分所得に対する負債比率は衝撃的な185.2%に達しており、これは、可処分所得に対して借り入れがほぼ2倍になることを意味している。

パンデミックの最初の数年間、カナダの家計は「2010年から2019年までの累積貯蓄に相当する」とされている。これは、消費の機会が少なかったためかもしれない。

「カナダ人はパンデミックの最盛期により多く貯蓄しました。COVID-19の緊急支援が公衆衛生の閉鎖による収入損失を相殺し、消費者行動の変化も貯蓄の増加に寄与しました」と、富と負債の格差に関する報告書は述べている。

「最近では、貯蓄のペースは主に最も裕福な家庭で加速しており、低所得の家庭は現在の手頃な価格の圧力に耐えるために収入以上に支出しています。」

c g04 eng 1
富裕層と中流層の格差拡大!カナダ家計のリアルな現状とは?

Related posts