スクリーンショット 2024 03 29 午後6.45.56最新記事 

氷に閉じ込められたエルク、カナダ国立公園局による感動の救出劇

カナダ国立公園局によるバンフでの凍ったボウ川にはまっていたエルク(ヘラジカ)の救出劇が、全てがカメラに収められた後、オンライン上で話題となっています。

昨日の午後にXユーザーのフェルニ・マリアムによって投稿された救出のクリップは、バンフ歩行者橋の少し上流で氷にはまっているエルクを見せています。

このユーザーは、カナダ国立公園局による立ち往生したエルクの最初の救出試みが失敗した様子を捉えましたが、最終的にエルクは元気を取り戻し、カナダ国立公園局が動物を救出できるようになりました。一つのビデオでは、救助隊のメンバーがエルクの近くで氷を切るためにチェーンソーを使用している様子さえも示しています。

最初に投稿されたビデオは、11万6000回以上の視聴を集めました。

カナダ国立公園局は、木曜日の遅い午前にデイリーハイブに対し、エルクが少しの励ましを受けて立ち上がることができ、救助された後にその場を離れたと述べました。また、職員と野生動物の安全は最優先事項であり、この事件が前向きな終わりを迎えたことをカナダ国立公園局は喜んでいると付け加えました。

カナダ国立公園局は、公衆に以下を思い出させることを望んでいます:

人間と野生動物の安全は、カナダ国立公園局にとって最も重要です。エルク(および他の大型哺乳類)は春と秋にボウ川の氷を通り抜けることがよくあります。これは自然な出来事です。氷の薄いところで困っている動物を見かけた場合、決して動物を救出したり、どのような形であれ干渉したりしないでください。
困っている動物や人間が野生動物に干渉しているのを見かけたら、すぐにバンフディスパッチに403-762-1470で連絡してください。困っている動物に近づいたり、救出を試みたりしないでください。
カナダ国立公園局のエリア閉鎖を尊重し、カナダ国立公園局の職員を尊重し、彼らが仕事を行うために必要なスペースを提供してください。
野生動物に生きるために必要なスペースを与えてください。決して野生動物に近づかないでください。野生動物を驚かせないでください。動かせば、あなたは近すぎます。以下の距離を保ってください:
鹿、エルク、羊、モーズにはバス3台分のスペース(30メートル)、
クマ、オオカミ、コヨーテにはバス10台分(100メートル)です。
薄い氷は非常に危険です。気温が上がり始めると、バンフ国立公園の水路の氷は解け始めます。今年

の時期、訪問者と住民は個人の安全のために氷から離れることが奨励されています。氷の状態は急速に変化することがあります。

Related posts