screen shot 2024 01 13 at 42128 pm最新記事 

氷の壁が街を襲う!キャンモアでの異常気象と市民の安全

キャンモアのボウ川で、極端に低い気温によりアイスジャム(氷の詰まり)の監視が行われています。

このアイスジャムは1月12日金曜日にボウ川の主要な流れでキャンモアエンジン橋の近くで形成され、ライオンズパーク近くの堤防沿いの水位が上昇しました。

ボウ川流域は、氷が危険な寒さの中で積もり続けるため、週末に水位が上がることで、遊歩道や低地が局所的な洪水の影響を受ける可能性があると警告しています。

キャンモア市は、金曜日にラーチアイランドに並行する水路への水の流入が増加したとの報告を受けて以来、アイスジャムを監視しています。

アルパイン・ヘリコプターズは金曜日に上空から状況を確認するために飛行しました。

当局は、現時点で公共施設への直接的な脅威はないと述べています。

「我々は一晩中、そして今日(1月13日)も状況を監視しており、重要な公共施設や私有財産への脅威は低いと確信しています」とキャンモア市のフェイスブック投稿にはあります。

「公共施設への脅威は低いですが、ボウ川での不安定で予測不可能な氷の状態や、水面下で急速に流れる水のため、公衆の安全には重大なリスクがあります。」

川の水位の変動により、氷の下に空洞ができたり、薄い氷や見えない氷の蓄積が生じることがあります。

「見た目が安定していても、氷は安全ではありません。市民は、どんな理由でも川や川の氷の上に立ち入ってはならないということを認識すべきです」とキャンモア市は述べています。

「風景を撮影したり、川を間近で見たいからといって、自分の命や救助隊員の命を危険にさらしてはいけません。」

現在、遊歩道は開放されていますが、市は状況を監視し続け、必要に応じて遊歩道を閉鎖する準備ができています。

「川沿いの遊歩道を利用したい住民や訪問者は、遊歩道上に明確にとどまり、川岸から離れることを強く推奨されています」とキャンモア市は述べています。

1月12日金曜日の極端に低い気温は、バンフやボ

ウバレーを含む州全体で記録を更新しました。

環境カナダによると、バンフは金曜日にマイナス39.8℃まで下がり、1916年に記録されたマイナス39.4℃の古い記録を更新しました。

Related posts