0505billpeytosign最新記事 

緊急報告:バンフ町での計画火災の衝撃的な事実とその教訓

バンフ町での計画火災が制御不能になった問題について、独立したレビューが行われ、多くの問題点と改善策が提案されました。この火災は、5月3日に発生し、バンフ・アベニューの東側にまで広がりました。その結果、近くのリゾートやバーベキュー施設の避難、馬小屋からの馬の移動が必要となりました。

火災の原因には、初期対応の混乱、機械的な故障、指揮系統と役割の不明確さ、パークス・カナダによる情報不足が挙げられています。対策として、火災気象学者と専門家の利用、避難計画の強化、水のアクセス増加、コミュニケーションの改善が推奨されています。

この21ページの報告書は12月7日に公開され、パークス・カナダは推奨事項を受け入れ、火災運用のプロセス変更を開始しました。報告書は過失の割り当てではなく、学習と運用改善の機会を目的としています。

火災は、トランス・カナダ・ハイウェイ沿いの野生動物排除フェンス保護のための草の事前燃焼中に発生しました。風向きの変化により火災が拡大し、最終的に21ヘクタールが燃焼しました。

この事件により、消防隊員の迅速な対応とヘリコプターのサポートが評価されましたが、計画火災運用における不足が指摘されています。これには、作戦ブリーフィングの欠如、人員の役割の理解不足、地元の条件への不慣れさなどが含まれます。

レビューでは、WTREXのメディアイベント中の消火ポンプの停止要求が問題を引き起こし、装備の機械的な問題やコミュニケーションの困難も指摘されています。また、計画火災からの逸脱を防ぐためには、より多くの努力が必要であると述べられています。

バンフ市長のコリー・ディマンノ氏は、この報告を歓迎し、さらなるレビューを行う意向を示しました。また、レポートでは、パークス・カナダの上級リーダーシップの不足や、オンライン上での女性消防員への不適切なコメントへの対応が指摘されています。パークス・カナダは、これらの憎しみのコメントを拒絶し、不寛容と女性蔑視を表す表現に対しては容認しないと述べています。

Related posts