watermelon snow最新記事 

赤い雪の謎を解明!気候変動がもたらす不思議な現象

夏の登山で残雪や雪渓を見つけると血のような赤い雪が見つかります。しかし、心配はいりません。これは犯罪現場ではなく、気候変動の影響をもっと深く理解する手がかりを与えてくれる藻類の現象です。

ウォーターメロンスノー、または氷河の血とも呼ばれるこの現象は、赤い色素を持つ小さな藻類とそれに関連する生物によって起こります。サイモンフレーザー大学の分子生物学と生化学の教授、リン・クオームビー氏は、世界中で起こるこの現象をここ4年間研究してきました。

「山でハイキングをしているときにこの現象に出会うと、本当に濃い赤色で、スイカの色のように見えます」と彼女は言います。

クオームビー教授は最近、11月24日に発表された科学誌「サイエンス・アドバンス」で「北米の氷河における赤い雪の衛星マッピング」という研究を発表しました。

この現象は夏に起こりますが、実は冬の間に起こる条件が原因で、降雪に依存しています。雪が暗すぎると、早く溶けてしまい、氷河に別の脅威をもたらします。初夏や春の終わりに雪が溶け始めると、溶けた水の中で藻類が成長します。

「でも、雪が早く溶けると、藻類は成長しません。見ることができるほどに増えないし、暑くなりすぎると死んでしまいます。」

湖で起こる関連する藻類の発生と同じように、気候変動がウォーターメロンスノーの発生に影響を与えています。2020年夏のブリティッシュコロンビア南西部の熱波は、ウォーターメロンスノーの藻類の形成を完全に妨げました。

「雪が早く溶けすぎたため、藻類が成長することができませんでした」とクオームビー教授は言います。

彼女の研究は、この不思議な現象についての基本的な知識を築く最初の試みです。

「氷河や山の雪が溶ける大きな問題では、藻類はその溶解を早めます。200年前なら、氷河は溶けて成長し、何らかのバランスがありました。しかし、今は地球が温暖化しているため、氷河はどんどん失われています。藻類がそれを早めていることは、氷河や雪原に依存する生態系や人間社会にとって問題です。雪が早く溶けると、貯水池や川を通じた水供給、農業や人間の生活に影響が出ます。」

研究は完了しましたが、人々はロビン・コドナー氏が西ワシントン大学で行っているリビングスノープロジェクトにこの現象の観察を送ることで、市民科学に参加することができます。

クオームビー教授にとって次のステップは、ゲノム解析を行い、この環境での生活に適応する方法を理解することです。この現象についてはまだ十分にわかっておらず、藻類の種類のリストもまだ作成中です。

これらの種が絶滅の危機にあるかどうかはまだわかりませんが、いくつかの種が「コスモポリタン」であることがわかっています。つまり、世界中どこでも同じように見られるということです。

「まだ研究は始まったばかりです。私たちが失うことになる生態系を完全に理解する前に、それが絶滅してしまう可能性があります。」

Related posts