banff town hall 1最新記事 

連邦政府、バンフの新住宅建設加速のために4億円を支援

住宅インフラコミュニティ大臣のショーン・フレイザー氏とバンフ市のコリー・ディマンノ市長からの共同発表によりますと、連邦政府はバンフにおける新たな住宅建設を促進するため、4億円の資金提供を行うことが明らかにされました。この支援金は、Tinu東部で計画されている250軒の住宅プロジェクトをはじめとする市主導のプロジェクトや、自宅に賃貸スイートを設置したい家主へのインセンティブ提供、私的建設のための開発許可プロセスの迅速化などに充てられます。また、バンフの住宅行動計画においては、新住宅プロジェクトにおける駐車場要件の撤廃や緩和、新住宅開発における建築可能最大床面積の拡大、敷地境界線からの後退距離の縮小による床面積の最大化、建築物の高さ制限の引き上げ、空き家及び未開発地に対する課税の導入、すべての住宅ゾーンで多戸建て開発の許可、事業拡大や商業利用の変更に伴い新たな労働者が必要となった際に、事業者が新住宅を建設するか町に代金を支払うことを義務付けるバンフの方針の強化などが挙げられています。

公式発表によると、この支援によりアルバータ州内でのより多くの家の建設が可能となり、より迅速に進行することが期待されています。バンフを含む複数の町において、今後3年間で合計400軒以上、10年間で3100軒以上の新住宅が建設される見込みです。この取り組みは、住宅加速基金(HAF)の下で実施され、建設に必要な障壁の排除を目指します。

連邦政府は、カナダ国内の町や都市、先住民コミュニティで今後10年間にわたり約60万軒の新住宅建設を目指しており、地方政府からの革新的な行動計画を求めています。このプログラムにより、プロジェクトのタイムラインの加速、住宅密度の増加、手頃な価格の住宅ユニットの促進など、大胆な取り組みが奨励されています。

フレイザー大臣は「本日の発表により、バンフ、シルヴァンレイク、ボウアイランド、ウエストロック、ダッチェス、スモーキーレイクで、今後3年間に400軒以上、10年間で3100軒以上の家が迅速に建設されることになります。市町村、市長、全ての政府レベルと協力することで、カナダ人が手頃な価格でより多くの家を建てられるよう支援しています」と述べました。

ディマンノ市長は「カナダ政府のHAFプログラムの革新的な設計は、バンフの住宅危機に対処する上で重要となります。この資金提供は、市主導のプロジェクトの触媒であり、市の土地利用規則やインセンティブイニシアチブの大胆な新たな変更と完全にタイミングが合っています。これにより、より多くの民間開発者や財産所有者が私たちのコミュニティに新しい家を建てることを奨励します。このパートナーシップは、カナダの最初の国立公園を訪れる住民にとって必要とされている新しい家を迅速に創出するための、連邦政府と町の統一された意欲を示しています」とコメントしています。

Related posts