20240502 joe gilchrist interior salish firekeepers最新記事 

カナダ、野火を制する古代の知恵: 先住民が伝える火との共生方法

ジョー・ギルクリスト氏の祖母は、裸足で土地を歩けない場合、何か問題があると彼に教えていました。

過剰に生い茂り、野火の燃料で覆われた森は健康ではなく、燃えるべき草原が放置され、とげのある死んだ植物で覆われていると歩くのが痛いです。

「その森は健康ではなく、病気です。動物には食べ物がなく、捕食者は隠れる場所がたくさんあります」と彼は言います。「霊的に言えば、常に光と闇の戦いがあります。森が暗いのは、あまりにも密集していて、手入れがされていないからです。」

ギルクリスト氏は、ブリティッシュコロンビア州のセクウェペムク族に属するスケッチェスン・インディアン・バンドのメンバーです。彼は2017年に共同設立したインテリア・サリッシュ・ファイアキーパーズの伝統的な火の守り手です。

彼はまた、1980年代にB.C.ワイルドファイア・サービスで消防士として勤務し、90年代には州の林業を担当する省と一緒にファイアスマートプログラムに取り組んだ経験があります。

ビッグホーンMDが主催した「自然環境で生きる」と題された最近のイベントで話したギルクリスト氏は、先住民の火の守り手としての実践の重要性を強調し、野火と戦う手段として文化的な焼き畑を提唱しました。

本質的には、火で火を消すという意味です。

数千年にわたって先住民によって伝えられた文化的な焼き畑は、食物や薬用植物の再生、生息地の向上、燃料の軽減、言語の保存など、文化的な目標を達成するための風景への火の管理された適用です。

セクウェペムクツィン語で、ギルクリスト氏はこれまでに「火」という言葉が75通りの異なる使い方で記録されていると言います。

「異なる言語を持つタートルアイランドの異なる先住民グループが火の使用に関して多くの独自の言葉を持っていると賭けます。なぜなら、火は北米だけでなく、南米、オーストラリア、アフリカでも先住民によって使用されていたからです。だから、彼らの言語はそれを反映しているでしょう」と彼は言いました。

文化的な焼き畑は、通常、長老や火の守り手によって指導され、安全に行える年の時期に低強度で行われ、今日ではしばしば政府のパートナーとの協力を伴います。

インテリア・サリッシュ・ファイアキーパーズは、先住民の保留地と伝統的な土地の規制改革を提唱することによって、文化的な焼き畑を正常化することを目指しています。このグループは、狩猟者、薬草師、消防士などで構成されています。

ギルクリスト氏によると、B.C.政府は保留地での焼き畑のみを許可し、伝統的な土地では許可していません。カナダの他の地域も同様です。

B.C.での文化的な焼き畑の実践は1874年に禁止され、その後カナダの他の地域も1900年代初頭に追随しました。

しかし、入植者の到来とともに焼き畑がより困難になったとしても、それは停止しませんでした。

「春または秋に焼き畑を行っていました」とギルクリスト氏は言います。「森の密度を減らし、土壌を露出させ、キノコやさまざまな種類の薬を引き出すために焼き畑を行いました。」

また、彼のコミュニティでは、蚊の個体数を管理し、煙を発生させるために、停滞した水域の周りを焼くのが一般的な習慣でした。

文化的な焼き畑の目標は先住民グループによって異なりますが、国家のファイアスマートプログラムと同様に、地表の燃料を減少させて野火の広がりを遅らせることでコミュニティを保護することが目的です。

ギルクリスト氏によると、文化的な焼き畑を復活させるために異なる政府レベル間である程度の協力がありましたが、気候変動により野火のリスクが高まる時期に進展が遅いとされています。

2023年、アルバータは前例のない野火のシーズンを経験し、250万ヘクタール以上の土地が焼失し、3万8千人以上が自宅から避難しました。B.C.では、284万ヘクタール以上が焼失し、数万人が避難を余儀なくされました。野火のシーズンは、B.C.の野外消防コミュニティの消防士6人の命を奪いました。

カナダ全体では、2023年に過去最高の野火の発生があり、6100件以上の火災が記録破りの1750万ヘクタールを消費しました。

ギルクリスト氏は、野火の抑制コストも記録的な額に達していると指摘しました。去年、B.C.、アルバータ、N.W.T、サスカチュワンは火災抑制に14億ドル以上を費やしました。火の守り手は、この数字は文化的な焼き畑を周期的に森林、草原、そして先住民の家がある他の風景から表面の燃料をクリアするためのより包括的で効率的な規制があれば、はるかに少なくなる可能性があると主張しています。

「何千年もの間、先住民が火を使用してきたこの方法は、前進するための新しい方法です」とギルクリスト氏は言いました。

「これは、まだ生まれていない世代のための長期計画を意味します。森林管理実践が追いつく必要があります。私たちは、野火が壊滅的になるのを防ぐための他の予防措置を考慮する必要があります。少なくともいくつかの場合には、火で火を消し、自然をそのままにしておくことがますます重要になります。」

Related posts