jasper wild pig map最新記事 

野生イノシシでジャスパー国立公園近くの森林「生態系の大惨事」

ジャスパー国立公園近くの森林に「生態系の大惨事」として野生イノシシが出没しているとの報告があります。このイノシシは、広大な11,000平方キロメートルに及ぶジャスパー国立公園内にすでに侵入している可能性があります。

先週、カナダ野生イノシシ研究プロジェクトは、ソーシャルメディアページに野生イノシシの目撃場所を示す地図画像を公開し、「アルバータ州とブリティッシュコロンビア州の山岳公園に対する野生イノシシのリスクは何か?」と問いかけました。

プロジェクトリーダーでありサスカチュワン大学の教授であるライアン・ブルック氏は、この接近が「大きな警告信号」と述べています。一般地域にはこれらの動物が数多く生息しており、その数は急速に、そして制御不能なほど増加しています。これに伴い、彼らが引き起こす被害も確実に増加するでしょう。

ブルック氏は、彼らを「地球上で最も侵略的な大型哺乳類」と呼び、テキサス州でイノシシの捕獲を手伝った際、鳥やヘビ、昆虫すらいない、大きく荒れた地面だけが広がる静かな光景を目の当たりにしたと述べています。

「その静けさは耳をつんざくものでした。約5フィート(約1.5メートル)以下のすべてが消え去っていました。生きている物質はほとんど存在せず、地面は荒廃していました」と彼は言います。「イノシシは草を食べるだけでなく、根を掘り起こして地面を引き裂きます。彼らの後には耕運機が通ったようなひどい荒れ地が残ります。これにより、侵略的な植物種が侵入する余地が生まれます。回復には何年もかかります。彼らは生態系の悪夢です。地球上で最も侵略的な大型哺乳類です。」

彼らは地面の巣にいる鳥やその卵、小型哺乳類、白尾鹿、さらにはエルクの子供やカリブー、ヘラジカの子供さえも殺し、食べます。極めて攻撃的で、多くの異なる動物を追い払う能力があります。彼らの鋭い牙がその任務に役立ちます。

彼らには汗腺がないため、冷却のために泥の中でころがり、サルモネラ、大腸菌などの有害な微生物が豊富な糞尿で水を汚染することがあります。

「これが野生イノシシが『生態系の大惨事』と呼ばれる理由です」とブルック氏は言います。

彼らはまた「信じられないほど」の繁殖率を持っており、彼によれば、4ヶ月以内に6匹の子供が生まれ、その後8ヶ月で性的に成熟します。

彼は、過去10年以内にトラック事故で11匹の野生イノシシが州立公園に放たれたことを思い出します。3年後、その群れ(サウンダーと呼ばれる)には130匹以上のイノシシがいました。

一度に全てのサウンダーを駆除する必要があります。生き残りは非常に迅速に脅威を避ける方法を学ぶからです。

「何もないところから、主要なコントロール不能な問題になる可能性は非常に現実的です。カナダではこれが起こり、毎日続いています」とブルック氏は言います。

ブルック氏は、カナダの山岳地帯での野生イノシシの目撃報告はまだ聞いていないが、それが起こるときに驚かないだろうと述べています。

「彼らはジャスパーのような新しい場所に広がり続けるだけでなく、影響が壊滅的になるほど非常に高い数になります」と彼は言います。

アルバータ州侵略種協議会のメーガン・エバンズ事務局長は、アルバータ州が野生イノシシの戦略的かつ協調的な罠猟プログラムを進めていることが良い成果を上げていると述べています。これは、アルバータポークとの連携の一環で、野生イボイノシシの発生を追跡し、これらのイノシシをすべて取り除くために遠隔監視される罠を設置しています。

「侵入レベルと根絶を目標とする管理の観点から、これは本当に進むべき最善の方法です。特に狩猟を制御方法として奨励することに反対します。なぜなら、群れの一部のメンバーを取り除くことで、残ったイノシシが今後の狩猟や罠猟を避ける方法を学んでしまい、それが彼らの管理をより困難にするからです」と彼女は言います。

州は、ウェブサイトのオンラインフォームを使用して、または310-3276(FARM)に電話して目撃情報を報告することを奨励しています。

Related posts