ranger creek photo annoted draft gs最新記事 

雪崩により1人死亡

11月11日土曜日、ピーター・ラウヒード州立公園の人気アイスクライミングルート「ローンレンジャー」近くで発生した雪崩により、カナナスキス地域で1人のアイスクライマーが亡くなりました。

アバランチカナダによると、このサイズ2の雪崩はクライマーがローンレンジャーのルートを終えた後、クライミングの基部近くで発生しました。

「グループの一員が部分的に埋まり、自力で脱出しました。もう一人のメンバーは完全に埋まり、生き残ることができませんでした。」とアバランチカナダの事故報告書に記載されています。

カナナスキス・マウンテン・レスキューが出動し、カナナスキスのRCMPが午後3時15分ごろ支援に呼ばれました。

RCMPによると、レスキュー隊は26歳の女性クライマーを発見しましたが、彼女のクライミングパートナーである29歳のブリティッシュコロンビア州スコーミッシュ出身の男性を見つけることができませんでした。

RCMPの報道官トロイ・サヴィンコフ巡査部長によると、緊急サービスがガーミンのGPSレスキュー通信機によって事故を知らされたが、完全に雪に埋もれていた男性をすぐには発見できなかったと述べました。

11月12日時点でのカナナスキス地域の雪崩危険度は、高山地域でかなりのレベルで、雪崩が自然発生もしくは人間が引き起こす雪崩の可能性があります。11月12日には、他のいくつかのアイスクライミングエリアも閉鎖されました。

これは今年アルバータ州で2例目の雪崩による死亡事故です。4月22日、レイクルイーズスキーリゾートの西ボウルエリアで、3人が巻き込まれたサイズ3のスキーヤーによって引き起こされた雪崩で1人が死亡しました。

2023年にはブリティッシュコロンビア州で14人の雪崩による死者が出ています。

Related posts