Shutterstock 1729306327最新記事 

8月30日、月が大きく見える「スーパー・ムーン」がやってきます。

カナダでは、今週希少な現象が起こります。2023年の中で最も大きくて明るいスーパームーンが夜空に現れます。

8月の2回目の満月は、1946年にSky & Telescope誌によって導入された新しい「青い月」の定義に当てはまりますが、天体の実際の色とは関係ありません。ですので、スーパームーンは実際には青くありません。しかし、この二重の満月は非常に珍しく、次にそれを目にするには約14年待たなければなりません。

水曜日の夜、今月の2回目のスーパームーンは、平均距離の384,400キロメートルよりもほぼ30,000キロメートル近く、地球を周回します。

この短縮された距離では、通常の満月よりも約7%大きく見えます。ただし、大きな輝く球体の良い写真を撮るには、かなりのズーム能力が必要かもしれません。

月は、トロント時間の午後9時36分に、太陽の反対側に位置して現れ、天候が許す限り、最適な観察条件を提供します。

雲の多い空模様のため、8月1日(火曜日)にピークを迎えたフル・スタージョン・ムーンの観察が妨げられましたが、水曜日の夜の天気予報では晴れ間が広がるため、第2のフル・スーパームーンの観察は簡単かもしれません。

8月の青いスーパームーンは、今のところこの10年間で唯一のイベントであり、2037年に2つの巨大な満月が1つのカレンダー月を共有するまで、また14年の間待たなければなりません。最後のダブル・スーパームーンは2018年に発生しました。

Related posts