Shutterstock 2136917505最新記事 

不況が来るかも?カナダ経済をちょっと深掘り!

住宅危機の影響で、ついにカナダの経済が不況に陥ったと、Oxford Economicsの新しい報告書が述べています。

高額な住宅ローンと過剰な住宅価格が、消費者支出の減少を引き起こしており、これは2023年初頭以来大幅に減少しています。これは、強力な移民、雇用の成長、そして過去のパンデミック時代の節約に裏打ちされた支出ブームにもかかわらずです。

不況は元々2022年第4四半期に到来すると予想されていましたが、経済は予想よりも遥かに良いパフォーマンスを発揮しました。

報告書には「今年の初めの経済的な強さが持続しないと疑念を抱いており、最新のデータは厳しい着地が確かに来ると示唆しています。高額な住宅ローンを抱えた世帯は、債務を減らし、返済するために支出を削減するでしょう。これにより、債務サービス比率の主要部分が下降することになり、変動金利住宅ローン保有者の長期返済の影響を考慮に入れると、現在の予測よりも利子負担コストの増加が大部分を占めるでしょう。」とあります。

既に世帯は新しい車、家具、家電、およびサービスの購入を控え始めており、債務サービスコスト、雇用の喪失、可処分所得の減少がその原因です。世帯消費はカナダのGDPの60%を占めており、経済への主要な影響要因となりますが、アナリストは、移民、パンデミック後の需要、過去のパンデミック時代の節約により、不況中の消費支出が前回の不況よりも小さくなると予測しています。

不況は2023年第2四半期にGDPが減少したことから始まり、2024年第1四半期に終了すると予想されており、GDPはピークから底まで1.5%減少する見込みです。

失業率は今日の5.5%から2024年半ばまでに7.2%に増加する見通しです。これは比較的限定的な減少であり、雇用主がパンデミックからの復帰におけるスタッフの削減を好むと予想されています。

大規模な財政刺激プログラムは、カナダ銀行の政策金利を5%に引き上げたという現行の政策に対するインフレ圧力を増大させ、弱体化させる可能性があるため、連邦政府によって導入される見込みはありません。また、財政政策を深刻な赤字から脱却させることが課題となっており、2027/2028年までに予算を黒字化することが目標です。

不動産市場に関して、Oxford Economicsは住宅の訂正はまだ終わっていないと予想しています。再販住宅価格は2023年2月から上昇しましたが、不況が進行するにつれて「完全な力で」訂正が再開され、2024年に続く見通しです。仕事と収入の不安定性、高い住宅ローン金利、記録的な住宅価格の高さが、住宅需要をさらに弱め、住宅販売のさらなる減少をもたらすでしょう。

住宅価格は2024年半ばまでにさらに5%から10%下落し、2022年2月のカナダ銀行の政策金利引き上げの直前に20%から25%下落する見通しです。

新築住宅建設も減速しており、不況が進行するにつれてさらに低下する見通しです。

住宅建設は2023年に約22万戸、2024年に20万戸に達する見通しで、2021年と2022年の年間平均の27万戸に比べて大幅に低い水準です。

しかし、住宅建設は2024年末には回復し、経済が回復し、住宅ローン金利が緩和され、新しい住宅供給を奨励する政府の対策(新しい固定用途賃貸住宅の建設費用からGSTを除外するなど)が過去の不足を補うのに役立つでしょう。

Related posts