Untitled design 2023 11 15T162118.572最新記事 

2023年必見のカナダ硬貨:芸術、遺産、そしてエリザベス女王へのオマージュ

カナダで今年リリースされた新しいユニークな硬貨を確認してみてください。王立カナダ造幣局は今年、いくつかの流通硬貨を公開しました。これらはあなたの小銭の中で目立つこと間違いなしです。

カナダの影響力のある芸術家を称える硬貨から、先住民の日を祝う硬貨まで、ここではカナダで今年リリースされた新硬貨をすべて紹介します。

エルシー・マクギルを称える1ドル硬貨

エルシー・マクギルは、エンジニアとして、また女性の権利の主要な提唱者として、カナダと世界で女性のための多くの障壁を破りました。

8月に流通を開始したルーニーは、ブリティッシュコロンビア州トフィーノを拠点とするアーティスト、クレア・ワトソンによってデザインされました。

硬貨の裏面(テールズ)には、マクギルが転がした設計図を持っている姿が描かれています。彼女の上には、彼女が設計したメープルリーフトレーナーIIが飛んでいます。

彼女は、オンタリオ州フォートウィリアム(現サンダーベイ)のカナダ車両製造で主任エンジニアとして、第二次世界大戦で連合国の戦争努力のために生産を手助けした1,450機以上のカナダ製ホーカー・ハリケーン戦闘機の隣に登場します。

彼女はその貢献で「ハリケーンの女王」として知られています。

彼女の名前「エルシー・マクギル」が戦闘機の下に刻まれています。この硬貨にはカラーとノーカラーのバージョンがあります。

先住民の日を称える2ドル硬貨

これは、3人の異なるアーティストがカナダの流通硬貨の1つの裏面(テールズ)デザインに共同で取り組んだ初めての例です。

メーガン・カリー、英語の川ファーストネーション、ミルナ・ポキアク(アグナヴィアク)、イヌヴィアルイット入植地域、ジャニン・クラウチ、レッドリバー・メティスが、それぞれカナダのファーストネーション、イヌイット、メティスのコミュニティを代表しています。

カラーバージョンは鮮やかな緑色で、赤やオレンジのポップが目立つので、小銭の中で見つけやすいです。デザインのインスピレーションについてはこちらで詳しく知ることができます。

ジャン=ポール・リオペルを称える2ドル硬貨

20世紀中盤のカナダと世界で最も影響力のある芸術家の一人として知られるジャン=ポール・リオペルの芸術は、彼の抽象的な絵画スタイルで際立っています。

トゥーニーの裏面(テールズ)のアートワークは、リオペルの1993年の傑作「ローザ・ルクセンブルクへのオマージュ」の一部です。

造幣局によると、元の絵画は、自然のイメージと暗号化された象徴で構成された、幅40メートルの三連作で、30個の別々のパネルで構成されています。

エリザベス女王を称える黒い2ドル硬貨

この2ドル硬貨は2022年の終わりに流通し始めましたが、注目に値する硬貨です。

この硬貨を他のトゥーニーと異なるものにしているのは、喪のアームバンドを思わせる黒い外輪です。

2022年と日付が入っており、王立カナダ造幣局によると、このデザインは女王が亡くなったときに多くのカナダ人が感じた喪失を反映しています。

今年初め、人々はこの2ドル硬貨を1ロール100ドル以上で転売していました。

5月には、名誉ある賞を受賞しました。

キング・チャールズの肖像が初めて流通する硬貨

王立カナダ造幣局は先週、クイーン・エリザベスの肖像に代わって、カナダのすべての硬貨の表面に登場するキング・チャールズのデザインを発表しました。

造幣局によると、2023年に日付が入った1ドル流通硬貨は、70年ぶりに新しい君主の肖像が表示される最初の硬貨になります。

モントリオールを拠点とするアーティスト、スティーブン・ロザーティがキング・チャールズの肖像の勝利デザインを手掛けました。

Related posts