20230926 roam celebrates 2 million mt 0007最新記事 

2024年の観光シーズン前「乗車率定員超過」の問題に取り組むことが、Roamトランジット最大の課題

ボウバレー地域トランジットサービス委員会へのスタッフレポートによると、6月から9月の間にバンフとレイクルイーズのルート1、2、8xで1,300回以上の「乗車率定員超過」が発生しました。

RoamのCEO、マーティン・ビーン氏は、今後の「乗車率定員超過」を最小限に抑えるために、他の公共および民間サービスと協力し、ボウバレーを訪れる人々に向けたメッセージングを検討すると述べています。

「来年の夏に向けて、トランジットの最適な乗車時間についてのメッセージを変更することを検討します」と彼は言いました。「朝や初午後には多くの余裕がありますので、その時間帯を推奨するメッセージを出すつもりです。ピーク時間帯の頻度を現在のフリートで増やす他の選択肢も検討しています。今後数年間でフリートの拡大が計画されていますが、来年には拡大する予定はありません。」

ビーン氏はまた、レイクルイーズのパークスカナダやサルファーマウンテンゴンドラのパースートなど、他のシャトルサービスを運営するサービスとの連携方法も検討していると述べました。

レイクルイーズスキーリゾートでは、モレーンレイクとレイクルイーズへのトランジットで駐車し、パースートは夏の間、ゴンドラへの頻繁なシャトルサービスを提供しています。

「他のサービスを利用することで、Roamサービスへの圧力が和らぎます。レイクルイーズエリアでは、これらのサービスを効果的に利用することが重要です」とビーン氏は述べています。

Related posts