クマによる死亡事故、今シーズン2回目

Featured Video Play Icon

 クマの季節です。カナディアンロッキーでハイキングやキャンプをする場合、必ずベアスプレーを用意しましょう。そしてその使い方も知っておくべきです!  

RCMPは水曜日、火曜日の午後7時頃、カルガリーの北西約80kmにあるマウンテンビュー郡のウォーターバレー近くで突然死したという電話を受けました。

 RCMPは、68歳の女性が死亡したことを確認、事件はウォーターバレーの南西の私有地で発生したと述べました。 ウォーターバレー地域の人々は、屋外では予防策を講じ、警戒するよう警告されています。

「オフィサーはまだクマの身元を確認しているが、事件の近くでハイイログマとその子グマが見られた。親クマは攻撃的な行動を示していた」とフィッシュ・アンド・ワイルドライフは述べ、RCMPはその地域に罠を仕掛けました。

 5月初旬、カルガリー大学の教授であるDavid Lertzmanが、ワイパラスビレッジ地域でクマに致命的な攻撃を受けました。魚類野生生物局の職員は、2つの事件が関連しているかどうかを示す情報をまだ持っていないと言います。

「非常にまれな事件」

キャンモアに本拠を置くクマの生物学者であるサラ・エルメリギ氏は、人間に死をもたらす熊の攻撃は「非常にまれな事件」だと述べた。「無害なクマと遭遇する可能性がはるかに高い」と語った。

 彼女は、ワイパラスの熊の攻撃の場所と最近の疑わしい攻撃の場所は、熊が移動できる距離内にあると言いますが、「これらの2つの事件が関連しているか、または…本当に[an]ひどい偶然かどうかを推測するには時期尚早です。 」と述べています。

いつもより多くのクマの目撃

 人と野生生物の摩擦を緩和しようとする団体であるマウンテンビューベアスマートは、今年、ウェブサイトを通じて通常よりも多くのクマの目撃情報を受け取りました。Bearsmartの議長であるPaulFraserは、COVID-19のパンデミックの最中に、人々が屋外に出たがっているからだと考えていると言います。

 Bearsmartは、マウンテンビュー郡で1匹のツキノワグマと5匹のハイイログマが目撃されたという報告を受けました。これには、サンダー、オールズ、ディズベリー、カーステアーズが含まれ、近くのクリアウォーター郡で2匹のツキノワグマと7匹のハイイログマが目撃されました。空腹のクマは特定の草、タンポポ、鳥の餌箱、そしてシーズン後半にはベリーに引き寄せられる可能性があります。

クマに遭遇した場合の対処方法

アルバータフィッシュアンドワイルドライフは、野生のクマに遭遇した人は誰でも次の手順に従うべきだと言います。

  • 走らないでください。あなたのグループと一緒にいて子供たちを近くに置いてください。 
  • 子グマや動物の死骸を見つけたら、立ち去ってください。クマは彼らを守りたいと思うでしょう。
  • 熊よけスプレーで身を守る準備をしてください。
  • あなたが来た道を離れて、戻ってください。積極的に見つめずにクマに目を離さないでください。
  • 車や建物など、隠す場所を探してください。
  • 柔らかく低い声でクマに話しかけます。あなたは人間であり、獲物ではないことをクマに知らせてください。
  • 音の出る物を使用してください。