【黒歴史】先住民同化教育学校から215 人の子供の遺体見つかる

Featured Video Play Icon

 200 人以上の子供の遺体が、ブリティッシュ コロンビア州カムループスの先住民寄宿学校に埋葬されているのが発見されました。

 Tk’emlups te Secwépemc First Nationは木曜日、地中レーダー探査機で、カムループス インディアン寄宿学校の 215 人の生徒の遺体が敷地内に埋葬されていることを確認したと発表しました

「私たちの知る限り、これらの行方不明の子供たちは、記録にありません。中には 3 歳くらいの子供の遺体もありました。」と、Kukpi7 (チーフ) Rosanne Casimir は述べました。

 現在の調査結果は「予備的」であり、本格的な調査は6月中旬まで継続される予定です。

 カムループス インディアン寄宿学校は、1890 年から 1978 年まで運営され、インディアン寄宿学校で最大の規模の学校でした。そもそも、寄宿学校で亡くなった生徒の死亡と埋葬場所を記録した行方不明の子供たちプロジェクトは、4,100 人以上の子供たちの遺体が特定されていました。

 UBCIC の会長であるスチュワート・フィリップ総長は、この発表で先住民が感じた悲しみを表現するのに「私は言葉を失った。彼らはすべてカナダに属している子供たちであり、カナダ政府の権威の下で家から強制的に隔離され二度と戻らなかった」と述べた。

「私たちは、カナダと、自分自身をカナダ人と呼ぶ全ての人に歴史的真実を目撃し認識するよう呼びかけます。これは、植民地国家が先住民族に与えた虐殺の現実です。今日、私たちはこれらの子供たちの命を尊重し、彼らとその家族が最終的に平和でありますようにと祈りを捧げます。」と述べました。

ニュースソース