ワクチン接種2回目は別種類のワクチンでも大丈夫

 全米免疫諮問委員会 (NACI) は火曜日に州および準州に対するガイダンス更新し、アストラゼネカのワクチンの最初のショットに続いて、2回目の接種でModerna または Pfizer のいずれかが使用できるようにすることを推奨しました。

 以前の NACI ガイドラインでは、アストラゼネカなどのワクチン接種は2回目の接種で同じ種類ワクチンを接種する必要があると発表されていたため、推奨事項はカナダのワクチンの展開に大きな影響を及ぼします。

 NACI のガイダンスに基づいたスペインの研究では、アストラゼネカ ワクチンの初回投与を受けた 18 歳から 59 歳までの 670 人のボランティアを分析し、450 人のボランティアにファイザーの投与量を与えました。

 この研究では、アストラゼネカワクチンの初回接種を受けファイザーの2回目の注射を受けた人は、ウイルスと戦う記憶細胞の作成に重要な役割を果たすIgG抗体が増加しことがわかりました。アストラゼネカを 1 回投与しただけの対照グループよりも 40 倍高くなっています。

ニュースソース