アルバータ州、COVID-19 ワクチンの 2 回目の投与の展開計画を発表

 火曜日の午後の記者会見で、アルバータ州のジェイソン・ケニー首相は2回目の接種を条件付きですぐに2回目の接種の予約を開始できると発表しました。

「COVID-19ワクチンの最初の投与を受けたアルバータ州のすべての人は、6月末までに2回目の投与を予約できるようになります」とケニー首相は述べました。

  • 3 月に予防接種を受けた人は、6 月 1 日火曜日から 2 回目の接種が予約可能。
  • 4月に1回目の接種を受けた人は6月14日から2 回目の接種が予約可能。
  • 5月に予防接種を受けた人は6月28日に2 回目の接種が予約可能。

 保健当局によると、COVID-19ワクチンを1回接種すると、入院や死亡などの深刻な結果に対して少なくとも80%の保護が得られます。しかし、アルバータ州政府はプレスリリースで、ウイルスに対する最良かつ最も長期的な保護を得るには、2回目の投与が必要と発表しています。

 アルバータ州政府は、2 回目の投与を受ける資格があることを知らせるためにアルバータ州から連絡する予定でしたが、連絡を待つ必要はありません。2 回目の投与の予約は、811 に電話するか、オンライン予約システムを使用するか、参加している薬局や医師のオフィスで AHS で予約出来ます。

 ちなみに一回目の接種予約が引き続き最優先となり、2 回目の投与は先着順となります。現在、1回目と2回目の接種の間隔は12週ですが、ワクチンの供給が安定していれば2回目の接種を徐々に早い間隔で提供できるようになるとの事です。

 5月30日現在、州内で2,781,430 回の COVID-19 ワクチンが投与され、391,175 人が 2 回のワクチンで完全に免疫を獲得しています。

ニュースソース