ワクチン接種者は、米国市民8月9日、他の旅行者は9月7日にカナダに入国可能

 カナダ連邦政府は本日、完全ワクチン接種された観光客がカナダへの入国を可能にする計画を発表しました。

 8月9日午前12:01ETから、完全にワクチン接種された米国市民と米国に住む永住者は、2週間の検疫なしでカナダを訪問することができます。

 政府はその後、9月7日に完全にワクチン接種された他のすべての国からの旅行者にカナダの国境を開放することを計画していると述べました。

 当局はまた、8月9日の時点でワクチンの接種がまだ承認されていない12歳未満の子供も、カナダ入国後に検疫要件を免除され公衆衛生措置に従えば両親と一緒に移動できると発表しました。

 カナダに入国する外国人旅行者は、カナダでの使用が許可されているワクチン摂取を証明するもの(英語またはフランス語)を提示する必要があります。つまり、到着の少なくとも14日前に、ファイザー、モデルナ、またはアストラゼネカ製品のいずれかを2回接種するか、ジョンソン&ジョンソンワクチンを1回接種する必要があります。

 すべての旅行者は、政府のArriveCANのアプリかウェブサイトを使用して個人情報を送信する必要があります。政府の基準を満たしている場合は、カナダ到着時に検疫する必要はありません。予防接種を受けていない、または予防接種を受けていない旅行者は、今まで通り14日間隔離する必要があります。