カナダはデルタ株主導の第4波の始まりに直面

 8月中旬に全ての規制を無くす予定のアルバータは避難の的か?

 カナダは、COVID-19パンデミックのデルタ株主導の第4波の始まりである可能性が高く、連邦公衆衛生当局は金曜日に警告しました。

 このニュースは、カナダ全土での症例の増加傾向に続いており、ワクチンの摂取が若者のワクチン接種が増加しなければ、最終的には医療崩壊の可能性があると医師は述べた。

 デルタ株はは、カナダ全土に広がり続けています。6月だけでも症例は、全国で5倍に増加し国内で懸念される主要な変異種となっています。

 タム氏は、症例は「主にワクチン未接種の若い人々」に集中すると予想されているが、この病気は「ワクチン未接種の高齢者」に広がる可能性が高いと述べた。

「症例数が多いことと症例の年齢が高いことの両方が、最終的に重篤な病気と入院率を高める可能性があります」とタムは警告、この予測は、公衆衛生対策を緩和するために慎重なアプローチを取ることの重要性をさらに強調していると述べました。

 アルバータ州は最近、再開に真っ向から突入し、7月1日にほぼすべての制限を撤廃しました。他の州も同様です。サスカチュワン州は7月11日にCOVID-19制限のほとんどを放棄し、ニューブランズウィック州は今週末にすべての制限を解除する予定です。

「デルタ駆動波に関する国際的な経験は、完全にワクチン接種されたカバレッジが人口全体で高くなるまで、制限を段階的かつ慎重に解除する必要性を強調しています」とタム氏は述べています。

 カナダでは、特に高齢のリスクのあるグループの間で高確率なワクチンの摂取が見られました。タム氏によると、70歳以上の高齢者の89%以上が現在完全にワクチン接種されており、10代の若者と若年成人の37%から46%が2回目の接種を受けています。

 カナダは第4波の初期にある可能性があるという警告にもかかわらず、症例も低いままです。カナダ全土での症例数は、最近の上昇にもかかわらず、第3波のピーク時よりも93%少ないとタム氏は述べた。重篤で重篤な病気を経験している人々の数も依然として減少傾向にあります。