イヌイットの定番スナック?トースト・インスタントラーメン

 日本発祥のインスタントラーメンはかなり昔からカナダ北の大地で親しまれています。スープと固形物が一緒になったラーメンはマイナス40度以下になる生活にピッタリだったのです。それ故にインスタントラーメンは北の大地で独自の進化を遂げているようです。

 ヌナブット準州のマイク・ヤンケは幼い頃からカナダの激安インスタントラーメン「Mr Noodles」を説明書とは違った方法で調理していました。彼は他に類を見ないおやつになるレシピを持っています。

 作り方は、説明書のように水に入れて沸騰させません。ます、折りたたまれている中央をバターナイフで半分に割ります。」と彼はヌナブト準州のクグルクトゥクにある自宅で説明しました。

 次に、切断された麺を取り分け、トースターに入れます。ラーメンは褐色色に変化するのにしばらく時間がかかります、しかし一度色が変化し始めると非常に速く焦げますので注意が必要です。トーストしている間、ラーメンから目を離さないことが重要です。

 準備ができたら、それらの麺を取り出し、バターをたっぷり塗ってスープの粉をその上にまぶします。

「普通に作ったラーメンに比べて、トーストした麺はあまり満腹感はないので、子供たちにとって楽しいおやつのようなものです」

 Janckeは、子供の頃からこれをやっているそうです。彼はどうやってこの調理法を覚えたのか完全には思い出せませんが、彼の近所人が同じことをしたことを知ったとき彼は驚いたと言います。

 彼がトーストした麺の写真をCBCのFacebookグループであるThe Arctic Kitchenに投稿したとき 、多くの人々はそのようなスナックを見たことがない!と感じたようです。この投稿は100以上のコメントと数百のシェアを記録しました。

 よかったら、試してみてはいかが?