バンフ町職員、ワクチン義務化

 バンフ町で働く就労者は、医学的または宗教的な免除がない限り全ての市職員にワクチン接種が義務付けられます。

 水曜日(8月18日)の時点で、バンフとレイクルイーズにはCOVID-19症例数は151人、アルバータ州とカナダで一人あたりの患者数でバンフ国立公園がCOVID-19のホットスポットになっています。

 バンフの町の当局者は、コロナウイルスに対して強制的な予防接種政策を展開する前に、8月12日にすべての市職員と話し合いの機会を持ちました。

 バンフの町の緊急事態管理責任者であるシルビオ・アダモ氏によると「ただし、現在予防接種を受けていない従業員はごく少数だと思います。」新しい方針では、医学的または宗教的免除がない限り、すべての市職員にワクチン接種を義務付けていると述べました。

 バンフ市議会は今月初めに義務的な屋内マスク条例を復活させる条例を却下しました。ただし、市庁舎やフェンランズレクリエーションセンターなど、バンフの町の管理する全ての建物と施設ではマスクが必須です。

 バンフが8,100回の二重予防接種または9,500回の単回投与の予防接種の目標に達しない場合、マスク条が9月中旬に再検討される可能性があります。8月17日の時点で、9,019人が初回投与を受け、7,464人が完全にワクチン接種しています。

 アダモ氏は、現在バンフに住んでいる州外からの労働者がアルバータ州の数字に含まれていないため、アクティブなケースはアルバータ州政府のウェブサイトに記載されている151件よりはるかに多いと考えられていると述べました。

「ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、ケベック州、およびカナダの他の地域からの州外からのサービスワーカーの流入により、これらの人々のいずれかが陽性と判定された場合、それらの数字が私たちのデータに入っているかどうか判断出来ません。実際の感染者はデータよりよりはるかに多いと私たちは信じています。」