スコーズ・ティット・ピーク(俗称、乳首山)の名前が改名される

 アルバータ州政府は、ロッキー山脈の著名なランドマークが和解の精神で改名されたと述べています。

チャールズスチュワート山に位置する、ローカルにスコーズ・ティットと呼ばれて来たピークに正式な名前が付けられました。スコーズ(先住民族の女性を表す蔑称)とティット(女性の乳首)を表す俗語を組み合わせたものです。この名前は1920年代から使用されており、多くの人が人種差別的でであると考えていました。

 キャンモアの山間の町から見えるピークはこれから本来の名前であるAnûKathâÎpaまたはBald EaglePeakで知られるようになります。これはストーニーナコダネーションが使用する伝統的な名前です。

 声明の中で、ストーニー先住民族のチーフ、アーロン・ヤングは、ストーニー・ナコダの人々は地域社会の女性に対して「深く永続的な敬意」を持っており人種差別的な言葉が捨てられたことを喜んでいると述べた。

 名前の変更は、ランドマークが州および連邦の地名データベースと地図で公式に更新されるます。 

 ランドマークの蔑称的なニックネームは、いくつかのハイキングや登山案内のWebサイトで使用されていますが、一部のサイトではすでに削除されています。