エドモントンに比べてカルガリーの子供に虫歯が多い理由

 カルガリー大学の研究者による研究では、水道水がフッ化物添加されているエドモントンの子供たちと比較して、カルガリーの子供たちの歯の健康状態が悪いことがわかりました。

 アルバータ州の2つの大都市のそれぞれで、平均年齢7歳の約2,600人の2年生の歯科検診結果が2018年と2019年の数か月にわたって調査されました。

 この調査では、2011年にカルガリー市が飲料水供給からフッ素を除去した後、エドモントンの子供たちの虫歯率55.1%と比較して、カルガリーの子供たちの64.8%でした。

 「私たちの調査結果は非常に明確です」と、カルガリー大学カミング医学部の教授であり、研究の主任研究者であるリンゼイ・マクラーレン博士は説明しました。「水道水へのフッ素添加の中止は、カルガリーの子供の歯の健康に悪影響を及ぼしています。

 マクラーレンによると、小児の歯の健康状態が悪いと、子供の発達のさまざまな側面で問題が発生する可能性があると述べました。

「虫歯は子供の健康と幸福に大きな影響を与える可能性があります。虫歯は痛みを伴う可能性があり、集中力と学習能力に影響を与えます。深刻な場合、カナダの6歳未満の子供には虫歯治療に全身麻酔下で治療が行われます。」

 この研究の結果は、Community Dentistry and OralEpidemiologyに掲載されています。

 一方、水道水へのフッ素添加反対派は、その健康への影響が完全に解明されていないと主張しています。カルガリーのフッ素化アクションネットワークに所属しているベン・グレフ博士は、フッ素を使用しない口腔ケアを信じています。グレフ氏は、フッ素を使用する代わりに、ヒドロキシアパタイトやテオブロミンなどのエナメル質を強化するのに役立つ方法がいくつかあると付け加えています。これは、はるかに安全に使用できると彼は主張しています。

 しかし、Dental Care ForChildrenで働くDr.Farida Saherのような他の歯科医は、その主張に強く反対しています。彼女は、フッ素がカルガリーの水道に含まれなくなったため、子供お虫歯率が上がったと述べています。

 カルガリーの水道水のフッ素添加 に関する進行中の議論は、来たる地方選挙の国民投票の質問として含まれる予定です