バージェス頁岩から新生物発見

 カナダ・クートニー国立公園にある約5億年前の化石地層「バージェス頁岩」から、新たな生物の化石が発見されました。この生物は「ティタノコリス(Titanokorys gainesi)」と名付けられ、CBSによると、カブトガニの親戚にあたるという。

 発見したカナダ・ロイヤルオンタリオ博物館の古生物学者によると、当時ほとんどの海洋生物の大きさが小指ほどだったのに対し、ティタノコリスは50センチほどもあったと考えられています。プレスリリースによると、ティタノコリスはラディオドンタ目と呼ばれる原始的な節足動物のグループに属しています。

 多くのラディオドンタ目の生き物同様、ティタノコリスは「複眼を持ち、パイナップルをスライスしたような口には歯が揃っていて、頭の下には獲物を捕らえるための1組のハサミがあった。そして泳ぐための複数のヒレを持っていた」という。