アルバータ、ワクチン接種記録ダウンロード可能にするもめちゃ混み!

 アルバータ州では2021年9月19日からCOVID-19ワクチン接種記録のカードサイズのコピーを印刷することが可能になる予定です。同州はニュースリリースで、同じ情報を携帯電話やタブレットで表示できるようにすると発表しました。

 予防接種記録のダウンロードにはMyHealthRecordsにサインアップする必要があります。

「私たちは、AlbertansがMyHealth Recordsを通じて、いつでもどこでも、免疫記録を含む健康情報にいつでもどこでも安全にアクセスできるようにし続けています。」とShandro氏は声明で述べました。

 印刷可能なカードの発表は、ワクチンパスポートシステムに関する議論が州全体で続いている中で行われます。アルバータ州の医師、野党NDP、ビジネスグループなどは、政府にワクチンパスポートの導入を求めています。

 ジェイソン・ケニー首相は以前、アルバータ州は州の健康情報法に違反することもあり、ワクチンのパスポートを義務付けないと主張していました。ブリティッシュコロンビア州とケベック州はワクチンパスポートを導入し、オンタリオ州は9月22日に発効しました。パスポートの発表は他の州での予防接種率の上昇につながりましたが、パスポート反対派の人々からの抗議も見られました。


 レストランなどへの入店時などに接種記録カードを携帯している方が何かと便利な可能性があります。ただし、ダウンロードサイトは現在かなり混み合っています。

MyHealth Recordsへのアクセスを検討している人は、最初にMyAlberta DigitalIDを持っている必要があります。MyAlbertaデジタルIDのアカウントがで作成後MyHealth Recordsからワクチン接種記録をダウンロードすることが可能です。

 過去3週間で11万人以上のアルベルタンがMyHealthRecordsアカウントを作成し、ユーザーの総数は約910,000人になりました。

 州はまた、QRコードを通じてワクチン接種の証明を利用できるようにすることに取り組んでいます。QRコードは数週間以内に利用可能になると予想されています。

アルバータ最新情報はバンフTVのツイッターをフォローして下さい。