パンデミック間、カルガリーは建築ラッシュ

 パンデミックの間、カルガリーで住宅改修と建設プロジェクトラッシュが起こっています。2021年の最初の8か月でカルガリーでは42億ドル相当の建設が行われ、前年同期の22億ドルのほぼ2倍になりました。月曜日に発表されたデータによると、建築許可の数も前年比で29%増加しています。

 2020年に住宅改修許可件数は低下しましたが、パンデミックの間、カルガリアンはジャグジー、ガレージ、プール、フェンス、カーポートの設置などの住宅改修プロジェクトに投資しており、その数はパンデミック前のレベルに回復しています。

 住宅の改善許可は過去2年間で33%増加し建築改修許可は急増、パティオ設置で200%、デュプレックスなどの集合住宅で60%増加しました。

 いくつかの大規模なプロジェクトも推し進められ、現在、建設額が7,200万ドルを超える大学地区の集合住宅であるRhapsodyの居住許可が発行されています。