アルバータ州のレンジャー、キャンモアで22頭のブラックベアー捕獲。捕獲されたクマは遠隔地に移動

 アルバータ州のアルバータ・フィッシュ・アンド・ワイルドライフ当局は、今年これまでに22頭のツキノワグマが捕獲され、キャンモアとボウバレーから遠隔地に移動しました。当局によるとリンゴなどを目的に住宅地に侵入しているクマが少なくとも更に13匹存在すると述べています。

アルバータ州司法およびソリシタージェネラルのコミュニケーションアドバイザーであるイナルシラは「クマを引きつける植物などへのアクセスを防ぐために電気柵が建設されています。」と述べています。

 警官は9月29日に住宅地に仕掛けられたクマトラップにクマがかかった報告を受け、レンジャーが到着するとトラップの内側に母グマと子クマ、外側にもう一頭の子熊が取り残されていました。その後、3頭のクマはトラップに入れられ翌日、家族一緒にキャンモアの北約100キロの西の丘陵地帯に移されました。

 今年はクマの最も重要な食料である野生のバッファローベリーの育ちが悪く、冬眠を乗り切るために必要な直前のカロリーを接種ためにクマが町に侵入しています。

 アルバータ・フィッシュ・アンド・ワイルドライフでは、現場でクマを殺傷処分する代わりにクマを行動圏から移動させる方法を、使用していますが、移転先の他のクマとの競争によっては移動が実質死刑判決になる可能性があります。アルバータ・フィッシュ・アンド・ワイルドライフはクマ移転作戦の成功率に関する情報は把握していません。ボウバレーの人間と野生生物共存タスクフォースは、行動圏から移動した動物が生存する可能性を最大限に高めるために、クマ移転の有効性を引き続き調査することを推奨しました。