【砂糖健康被害】砂糖飲料税を実施する州現る!

 カナダ東端の州、ニューファンドランド・アンド・ラブラドールでは来年砂糖飲料税を導入する予定です。課税の目的は砂糖の大量接種に関連する慢性疾患の予防です。
 同州における12歳以上の住民半数以上が少なくとも1つの慢性疾患を患っています。多くの人が複数慢性疾患を抱えており医療費が州政府の大きな負担となっています。同州はタバコに対する税金も同時に引き上げますが、これらの税金引き上げによる予算は各家庭一戸に対し最大2,000ドルの税金還付が実現できると予想されています。