カナダ、食料価格上昇止まらず

 一部の専門家によるとカナダでは食料品店でさらに数か月間、食料価格が高騰する可能性があるようです。ハリファックスのダルハウジー大学のFoodAnalyticsLabシニアディレクターチャールボア氏は、日曜日にCTV News Channelで食品価格は1月以来、全体で約5%上昇したと述べました。

 カナダ銀行総裁のTiff Macklemは、予想よりも長いインフレについて警告しました。インフレ率は現在4.4%で、8月の4.1%から上昇しており、年末までに5%に達する可能性があります。国連が報告している世界的な食料価格上昇は過去十年で最高となりました。

 チャールボア氏によると牛肉価格は50%以上上昇。鶏肉の価格は通常、毎年2〜3%上昇しますが、卵と同様に現在は13%上昇しています。豚肉も高価になっています。

 カナダ統計局は最近、ベーコン価格が8月史上最高に達し、 500グラムパックの平均コストが8.24ドルに達し、初めて8ドルを超えたと報告しました。加工面でも投入コストが上昇しており、パスタやソースなどの価格が高くなることが予想されます。