BC州大雨で各地で災害多発

 カナダ環境省の発表では、記録的な降雨量、雪解け、凍結レベルの上昇が混ざり合って、ブリティッシュコロンビア内陸部に壊滅的な洪水が発生しました。

 週末から月曜日にかけての激しい降雨により、いくつかの高速道路と通りが閉鎖され、いくつかの学校は閉鎖され、ブリティッシュコロンビア州メリット市ではほぼ全市民が洪水のために避難を余儀なくされました。

「11月のカナダ西南海岸部は一年で最も雨の多い時期です。この低気圧はハワイ付近からの大量の水分を低気圧が運んできました。」と、カナダ環境省の気象学者であるボビー・セコンは、ブリティッシュコロンビア州サリーのCTVニュースチャンネルで述べました。

 また、ブリティッシュコロンビア州の当局者によると、BC州の高速道路で2つの土砂崩れの間に80台から100台の車が一晩閉じ込められました。DriveBCによると、土砂崩れはケントのジョンソンスローレストエリアとルビークリークロードの間で発生。捜索救助チームは土砂崩れ乗り越えようとしましたが、大雨と強風のために救助は困難を極めました。

 閉じ込められた被害者の一人によると、彼は犬を連れ出すことを除いてほとんど車の中にとどまり、家に持ち帰っていた残りのラザニアを食べて過ごしました。飲料水は雨水を空の水筒に受けて一時をしのいだということです。

 バンクーバー市消防署長のカレン・フライ氏は、ヘビーアーバンサーチアンドレスキュー(HUSAR)タスクフォースが状況に対応していると述べています。バックカントリー救助のために訓練されたSARチームとは異なり、このチームには、医学、緊急対応、消火、救助、およびエンジニアリングの専門知識を持つ120人のメンバーが含まれています