ワクチンQRコードどこだっけ〜?アップルウォレットに入れておくと便利ですよ!

 レストランの入り口などで「あれ?QRコードどこだっけ?」なんてまごついた事はありませんか?Iphoneをお持ちの方はなんとワクチンパスポートがアップルウォレットに入れておく事が出来ます。

 重要なのは最初にiOSのバージョンが15.1以上であることを確認する必要があります。iOS 15.1アップデートにより、COVID-19ワクチン接種情報をHealthアプリに安全にダウンロードして保存し、AppleWalletにワクチン接種カードを追加できる仕様になっています。

QRコードを受け取った場合

COVID-19ワクチン接種またはテストプロバイダーから提供されたQRコードをスキャンして、検証可能な健康記録をHealthアプリに追加できます。

  • iPhoneまたはiPodtouchのホーム画面、コントロールセンター、またはロック画面からカメラアプリを開きます。
  • 背面カメラを選択します。
  • QRコードがカメラアプリのファインダーに表示されるようにデバイスを持ちます。デバイスがQRコードを認識し、Healthアプリの通知を表示します。
  • Healthアプリの通知をタップします。
  • 検証可能な予防接種記録については、[ウォレットとヘルスに追加]をタップして、ヘルスアプリとウォレットアプリにレコードを追加します。
  • 完了をタップします。

ダウンロード可能なファイルを受け取った場合

COVID-19ワクチン接種またはテストプロバイダーから提供された検証可能な健康記録をダウンロードして、健康アプリに記録を追加できます。

  • iPhoneまたはiPodtouchのダウンロードリンクをタップします。
  • 検証可能な予防接種記録については、[ウォレットとヘルスに追加]をタップして、ヘルスアプリとウォレットアプリにレコードを追加します。
  • 完了をタップします。

Healthアプリに保存されている既存の検証可能な予防接種記録がある場合

  • Healthアプリを開きます。
  • 概要をタップします。
  • [予防接種記録]で、[ウォレットに追加]をタップします。

予防接種カードをAppleWalletに追加すると、いつでも表示および提示できます。カードの表面には、名前、ワクチンの種類、投与日、発行者、QRコードが表示されます。

COVID-19ワクチンとテストを入手したときに追加したい場合は、QRコードまたはダウンロード可能なファイルを使用してAppleHealthアプリに保存することもできます。

検証可能な健康記録を表示するには

検証可能な健康記録をダウンロードしてHealthアプリに保存すると、いつでも表示できます。

  • Healthアプリを開き、[参照]をタップします。
  • [免疫]または[ラボの結果]をタップします。
  • 表示したい検証可能な健康記録をタップします。

Healthアプリの検証可能な健康記録には、名前と姓、生年月日、ワクチンまたは投与された検査、およびその検証可能な健康記録に関連付けられたQRコードなどの情報が含まれています。