アンチワクチン派には朗報。ワクチンパスポートシステムに若干の変更

 来週、アルバータ州の制限免除プログラム(ワクチンパスポートシステム)にいくつかの変更が加えられます。11月29日月曜日から、アルバータ州のスキーヒルでは、ワクチンのパスポートを必要とせずに、通常どおりアウトドアアクティビティを楽しめます。屋外の場所やサービスでは、予防接種の証明やゲストからのCOVID-19検査の陰性は必要ありません。

  • チェアリフトと一般的な屋外エリア
  • 屋外のチケット売り場とキオスク
  • 屋外の食事エリアとピックアップデスク
  • 屋外の一時的なトイレ

 しかしながら制限免除プログラム(REP)に参加しているスキーヒルのすべての屋内スペースには、ワクチンパスポートまたは最近の陰性COVID-19検査が必要です。

  • レンタルショップ
  • 小売店
  • 修理店
  • ゲストサービスカウンター
  • ロッカールーム
  • スキーとスノーボードのレッスンとプログラム
  • リゾートバスとシャトル
  • ゴンドラとフードのあるチェアリフト

 アルバータ州のスキーリゾートのすべての屋内および閉鎖区域には、フェイスマスクが引き続き必要です。

 さらに、トレードショーは11月29日から制限免除プログラムにオプトインできます。これにより、職人や工芸品の見本市やホリデーマーケットなど、有料の市場や見本市を、容量制限、物理的な距離の要件、その他の運用上の制限に従わなくても開催できます。

 REPに参加しているイベントなどに参加するには、12歳以上の人が次のいずれかを提供する必要があります。

  • 他のカナダの州および準州からのものを含む完全免疫のQRコード証明(2回目の投与はサービス時間の2週間以上前に受けた)、およびワクチン記録と一致する有効な身分証明書(18歳以上の場合)
  • FirstNationおよびCanadianArmed Forcesのワクチン記録は、ワクチン接種の証明として認められており、QRコードは必要ありません。
  • 国外のワクチン記録もアルバータ州で受け入れられており、QRコードは必要ありません
  • 過去72時間以内の陰性COVID-19テスト
  • 医学的免除の有効な証拠

 REPは、日常生活のためにアクセスする必要のある企業、会場、またはサービスには適用されません。