バンフ長年の悩み、どうなる?コンパウンドと町の間の近道

 バンフの町とコンパウンド工業地帯の間の違法な線路横断をどうするかという議論は結論に達する事はありませんでした。計画には高架横断歩道もしくは勾配のある信号交差点に作り変えるかで議論されていますが、バンフ議会は、カナダ太平洋鉄道とパークスカナダからのさらなる明確化を待って決定を延期しました。

 タウンはは、数百万ドルの歩道橋という鉄道会社の希望するオプションにコミットする準備ができていませんでした。もし、歩道橋を建設するならば、複線線路をクリアするために歩道橋は長さ200メートル、高さ7メートル以上である必要があります。

 ほとんどのバンフ町議員は、短期的にウィスキークリークの近くとイーグルクレセントを結ぶ、安価に設置可能な勾配の信号横断歩道に傾いているように見えましたが、コリーディマンノ市長は、未解決の問題がまだあると述べました。

「私たちはこの線路違法横断を解決するためいくつかの異なる方法を考えていますが、簡単な答えはないようです。さもなければ、何年も前にこの問題は解決していたでしょう。」と彼女は最近の議会で述べました。

 CP鉄道の土地に侵入することは違法です。しかし、人々はこの近道を利用して、バンフアベニューとコンパウンドロードを経由して数キロ離れたコンパウンド工業団地まで歩いたり自転車に乗ったりすることを避けています。

 CP警察は時折パトロールを行い、違反者には250ドルの罰金を課しています。

 カウンターによると、違法横断は通常、月に5,000から7,500ありますが、COVID-19の在宅勤務制限により、昨年の冬にはその数が約2,000に減少しました。

 バンフの町のエンジニアリングコーディネーターであるスティーブン・アレン氏は、次のように述べています。「線路の下のトンネルや地下道のアイディアは、環境や技術的な懸念、および推定価格が1,000万ドルから2,000万ドルであるため、除外されています。
 横断歩道の費用は、階段のみの場合は250万ドルから500万ドル、自転車と車椅子の利用を考慮した場合は500万ドルから1250万ドルです。」

 現在の危険な状況を継続することはできないことを認めながら、チップオルバー議員は、歩道橋を設置した場合のいくつかの問題点を提示しました。

 列車が下を通過できるようにするための7.1メートルの高さは2階建ての建物に相当します。これはインスタグラマーを惹きつける可能性があります。高い横断歩道はSNSの写真撮影の展望台になり、それが近くの住宅地に駐車場の混乱を引き起こす可能性があります。

 踏切設置案の初期費用の見積もりは、750,000ドルから150万ドルの範囲です。電子看板、ライト、ベル、フェンシング、コントロールアームが必要になる場合があります。ただし、これはCPの推奨オプションではなく、暫定的な解決策と見なさています。

 CP Railは強く横断歩道案もしくは地下道案を推しています。9月にはCP Railがバンフの町にカナダ運輸省が横断歩道または地下道に50万ドルの助成金を支給することを通知しました。これらの資金はCPによって管理されており、プロジェクトの実施に使用できます。アレン氏は、CP Railは高架道路の建設費のかなりの部分を負担する意思を示しているが、資金分割の正確な詳細はこの段階では確定していないと述べた。

 解決策を見つけるための最大の課題の1つは、この地域が環境に非常に敏感であると考えられていることです。ウィスキークリークは、絶滅危惧種法の下で絶滅危惧種に指定されているウエストスロープカットスロートトラウトの重要な生息地に指定されており、トラウトが近くの浅い池を産卵に使用しています。

 さらに、この地域はフェンランズ-インディアングラウンズと呼ばれる野生生物の通り道の一部です。この地区は、谷に沿って東西に移動し、工業団地の周りを移動する野生生物によって頻繁に使用されています。

 もう1つのオプションは、違法な交差点を完全に遮断し、住民にコンパウンドロードとバンフアベニューを経由して歩いてもらう案です。

 最終的には、CP Railに線路の所有者として安全性の問題に対処するための義務があります。アレン氏によれば「タウンがこれ以上の措置を講じない場合、CP Railは安全性の問題に対処する上でCP Railが最善であると考える案で一方的に決定する必要があります」と述べています。